限度額適用認定書

ブエナスタルデス(スペイン語でこんにちは)。サービス管理責任者の関です。
 今回は病院に掛かる時に使われる受給者証、証明書の1つ、限度額認定証と名前は難しいですが、元の根本は今まで高額療養費制度(=この制度そのものは現在もあります)の手続きをする時は、原則全て自分で管轄の健康保険組合もしくは会社の総務に頼まないといけないのですが、
尚、高額療養費とは、同一月(1日~月末)の医療費の自己負担額が高額になった場合に、一定の金額を超えた分が、あとで払い戻される制度です。 ※入院時の食費負担や差額ベッド代、先進医療の費用などは対象外です。

 予め、限度額適用認定書があると、

 一度、立て替え払いをしたのを還付する手続きをしなくても病院で対応してくれるという優れものです。尚、金額については個々の所得、分かり易くいうと収入によって変わりますので、こちらについては以前、記事に掲載しましたKe!sanのサイトで高額療養費を計算して貰えると目安にはなるかとは思います。※細かい詳細を説明したら、動画2倍早回ししないと濃い内容なので、割愛します。

 実物は上記を参照して貰う事にして、 事前に出費を抑えることが出来る一つの方法があるということで、参考になればと思います。正直、医療費がかなり掛かるという意味では、あまり出番があって欲しいものではありませんが。使える制度は使いましょうということで、ネタ潰し込みですが掲載しました。 以上、サービス管理責任者の関がお送りしました。——————————————————————————————– 見学・体験へのお申込み・相談は 電話 03-5980-8834 (電話受付時間 平日9時30分~18時) メール:info@cccara.com (1)お名前 (2)性別 (3)お住まい(住所) (4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可) (5)診断名(任意) (6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると助かります) (7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #COCOCARA #障害者雇用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。