誰もが、今ココカラ挑戦できる場所

LINE問合せ
WEB問合せ
電話問合せ
アクセス
利用者専用
動画サイト
ブログ

カチカチのふくらはぎをほぐす簡単ストレッチ

おはようございます、サービス管理責任者の関です。朝起きた時に、うっかりふくらはぎを肉離れ(=これをこむら返りといいます)をさせて激痛でうなされている方…自分がそうですが、そんなことがないように対策をしましょう。今回は10/27付のヨガジャーナルオンラインからの記事です。(https://yogajournal.jp/photo/10975/95590?utm_campaign=10975&utm_source=news.yahoo.co.jp&utm_medium=referral)

1日の終わりに足が重だるかったり、ふくらはぎがパンパンに張っていたり、冷えていたりする場合、放置すると様々な悪影響があります。今回は、その対処法をお伝えします。
寝る前にふくらはぎの硬さは放置しないで! 私たちの体は、心臓の働きによって全身に血液を巡らせていますが、末端まで届いた血液はふくらはぎの筋肉の働きによって重力に逆らって心臓へと戻っていきます。そのため、ふくらはぎは「第2の心臓」と呼ばれています。このふくらはぎの筋肉が収縮して血液を循環させるポンプ機能はとても大切です。 しかし、ふくらはぎが冷えて固まった状態ではその役割が十分に果たされないため、血流が滞り、老廃物が溜まり、むくみやすくなってしまいます。固まったふくらはぎを放置したまま寝て、翌朝も足がだるくむくんでいる状態を繰り返さずに、その日のうちにケアしていくことが大切です。
ふくらはぎのケアはどんな時に特に必要? ふくらはぎのポンプ機能が弱まると、むくみや冷え、代謝の低下など私たちの体に様々な悪影響を及ぼします。ポンプ機能が弱まるということは、ふくらはぎの筋肉がうまく使われず、筋肉の収縮が弱まっている状態です。以下のような状態で起こりやすいです。 ・デスクワークなどで長時間座っていた ・立ち仕事で長時間立ちっぱなし ・歩く時間が少ない ・歩き方の癖があったり、歩きすぎて疲労が蓄積している いかがでしたでしょうか?当てはまる項目がひとつでもあったら、日常的にケアしていきましょう。 寝る前にもできるふくらはぎストレッチでケアしましょう ふくらはぎが固まった時に、寝る前にも簡単にできるケア方法をご紹介します。 ◆ふくらはぎストレッチのやり方 1. 右膝を伸ばし、左膝を立て、膝裏つま先を両手で持ちます。この時に、体の硬さが気になる方は、フェイスタオルを足裏に引っ掛けて両端を手で持っておきます。 2. 息を吐きながら左膝を伸ばしていきます。できるだけ遠くに押し出し、しっかりとふくらはぎが伸びていくのを感じます。 3. 息を吸いながら左膝を手前に引き寄せます。1~2を繰り返し行い、気持ちよくほぐれてきたところで終えます。

※今回は上に掲載しているURLに繋ぎますと画像を見ながら、動作を見ながら動くことが可能です。——————————————————————————————– 見学・体験へのお申込み・相談は 電話 03-5980-8834 (電話受付時間 平日9時30分~18時) メール:info@cccara.com (1)お名前 (2)性別 (3)お住まい(住所) (4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可) (5)診断名(任意) (6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると助かります) (7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #COCOCARA #障害者雇用

関連記事

  1. リワークと就労移行支援の違いとは

  2. 所沢の障がい支援施設ガイド             ~地域社会とのつながりを育む~

  3. うつ病が理解できない親と理解されない子供の苦悩

PAGE TOP