コロナ禍で胃の不調を訴える人は4割以上!胃の不調を強く感じるときどうしてる?【前編】

おはようございます、サービス管理責任者の関です。緊急事態宣言は明けてもまだ油断できないコロナウィルスの情勢。そんな中で、こういう症状が出ている方がいるという話題にです。11/26付スーツウーマンの記事からになります。
 まだまだ収束の目処が立たない新型コロナウイルス。実は、コロナ禍で胃の不調を訴える人が続出していることを知っていますか?もしくは、皆さんの中にも実際に不調を感じているという人がいるかもしれません…。 生活者の“健康と暮らし”に関する情報を発信するポータルサイト「マイライフニュース」を運営するヒューマン・データ・ラボラトリ株式会社では、昨年の調査に引き続き、コロナ禍における “胃の不調”の実情や変化に関する調査を実施。第2回となる今回の調査では、胃の不調に繋がる原因についてもご紹介します!

コロナ禍に胃の不調を感じている人は4割以上! 緊急事態宣言をきっかけにコロナ禍で胃の不調を感じることが「ある」と答えた人は、45.8%と半数近い割合となりました。この質問は、2020年10月に実施した「胃の不調に関する実態調査」に続いて2回目となり、前回調査の41.3%を上回る結果に。 この結果を男女別で見てみると、 男性が41.7%・女性が49.8%で、女性の約半数が不調を感じているようです。また年齢別に見たところ、男女ともに20代が最も多く、若年層で胃の不調を感じている傾向にあることがわかりました。

昨年より不調の程度が重くなっている人は約半数! 胃の不調を感じていると回答した人に対して、昨年に比べて胃の不調の程度は変化したかのを聞いたところ、「重い」が9.1%、「やや重い」が40.7%となり49.7%の人が、 昨年よりも胃の不調が重いと感じる結果となりました。 さらに男女別でみると、男性の方が女性よりも不調の程度が重く感じていることがわかりました。

普段の生活にどの程度影響がある人は14.4% またここから、胃の不調があることで、普段の生活にどの程度影響があるかを聞くと、「影響がある」が14.4%、「やや影響がある」が42.0%となり、回答者の56.4% が生活に影響があると感じているようです。 今回は記事が長めなので、前編後編に分けることにします。 ——————————————————————————————– 見学・体験へのお申込み・相談は 電話 03-5980-8834 (電話受付時間 平日9時30分~18時) メール:info@cccara.com (1)お名前 (2)性別 (3)お住まい(住所) (4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可) (5)診断名(任意) (6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると助かります) (7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #COCOCARA #障害者雇用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。