お坊さんが走るほど忙しい」は俗説 12月の呼称

おはようございます、サービス管理責任者の関です。
今日から12月です。年の瀬でこれから…と考えてしまって余裕がなくなる前に、少し張った肩の力を抜きましょう。ということで、ウェザーニュースからそんな話題をみつけました。12/1付の記事になります。
いよいよ12月、1年の最後の月に入りました。

12月を「師走(しわす)」と呼ぶことは広く知られていますが、それ以外にも多くの異称があることをご存知でしょうか。 『二十四節季と七十二候の季節手帖』などの著書がある作家の山下景子さんに、師走の由来とその他の12月の異称について伺いました。 なぜ「師走」と呼ぶのか? 「旧暦の時代に使われていた各月の和名を和風月名(わふうげつめい)といいます。12月の代表的な和風月名は師走で、普段落ち着いている僧侶でさえ走り回るくらい忙しい月、という語源説がよく語られます。しかし、これは俗説だとされています。“しわす”という言葉は、仏教が伝来した頃にはすでに使われていて、十有二月、十二月、季冬などと書いて、“しわす”と読ませていました」 では、なぜ1年の最後の月を師走と書くようになったのでしょうか。 「歳果(としは)つ」や「為果(しは)つ」が変化したというのが有力な語源説だそうです。つまり、「としはつ」「しはつ」と呼び慣わされていた言葉が、「しはす」から「しわす」に変化し、師走という当て字で書かれるようになったことになります。 歳が果てる、万事を為し果たす……まさに、1年の締めくくりの月にふさわしい名称です。

その他の12月の呼び名は? 師走以外にも、旧暦の時代は12月の異称がたくさん使われていたそうです。その中から代表的な呼び方を解説していただきました。 「極月」(ごくげつ、ごくつき、きょくげつ、きわまりづき、きわまるつき) 読み方は「ごくげつ」と読むのが一般的ですが、このようにさまざまな読まれ方がされてきた異称です。「極」(ごく)という漢字にも、「極(きわ)まる」という言葉にも、終わるという意味があります。 どの読み方であっても、1年の最後の月という実感がこもっています。 「限りの月」(かぎりのつき) 「の」を略して「限り月」という言い方もあります。「限る」はもともと、時間などに境目(さかいめ)をつけるという意味です。つまり、節目の月ということになります。 今年もこの月限り……と、1年の終わりを惜しむ心情にあふれた呼び名です。 「除月」(じょげつ) 「除」という漢字には、払い除(のぞ)くという意味があります。従って「除月」は、旧年を払い除く月という意味です。同じ意味で、大晦日(おおみそか)を「除日(じょじつ)」、その夜を「除夜(じょや)」といいます。 古い年をリセットして、まっさらな気持ちで新年を迎えたいという思いは、今も昔も同じですね。よくないことがあった年は、特に12月を「除月」と呼びたい気持ちになるかもしれません。 「年積月」(としつみづき、としつもづき) 年が終わるのではなく、積み重なるという考えから生まれた12月の異称です。旧暦の時代は誕生日ではなく、正月になるとみんなが1歳年をとりました。月日だけでなく、年齢も積み重なることから、この呼び名ができたのでしょう。 同じような意味で、12月には「年世積月(としよつむつき)という異称もあります。こちらの方が、やさしい響きになりますね。 「春待月」(はるまちづき) 旧暦の時代の元日は、立春(2月4日頃)の前後でした。そのため新年は、春の始まりでもあったのです。その春を待つ月ということで、旧暦12月は「春待月」とも呼ばれました。 現代の12月は、これから冬本番に向かう時季です。そのため「春待月」と呼ぶには、ちょっと早すぎる気がします。しかし、新年を待つ心の華やぎは、春を待つ気持ちと似ていないこともありません。 「年満月」(としみつづき) 12月には「年満月」という異称もあります。1年を大きさが決められた時の器と考えると、そこにさまざまな経験や思い出が満ちていくのです。 いいことも悪いこともあふれるように詰まった1年……。最後の月が満ち足りた思いで締めくくれるといいですね。 このほかにも、12月の異称はたくさんあるそうです。みなさんの気持ちに、ぴったりくる異称はあったでしょうか。 月の呼び方ひとつで、過ごし方が変わってくるかもしれません。
 最終的には少し暦のお勉強になってしましましたが、角度を変えて、違う視点から見ると趣を感じるのもいいかと思います。以上、サービス管理責任者の関がお送りしました。——————————————————————————————– 見学・体験へのお申込み・相談は 電話 03-5980-8834 (電話受付時間 平日9時30分~18時) メール:info@cccara.com (1)お名前 (2)性別 (3)お住まい(住所) (4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可) (5)診断名(任意) (6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると助かります) (7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #COCOCARA #障害者雇用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。