庁内実習(豊島区編)

サービス管理責任者の関です。
 実は、この記事を準備している最中に他の就労移行支援事業所がこの庁内実習を取り上げて掲載したため、同じ内容で被らないようにするために、もう一度作り直しをするという、文才のない自分にはかなり苦痛でしたが、就労移行支援に関わるとこういうメリットがあるという1つの例なので、練り直しをして掲載しています。

 COCOCARAがある豊島区では、毎月1度、庁内実習たるものがあります。目的としては、就職経験がない方や、就職経験があってもブランクがある方とかが就職向けて少しでも環境に慣れたり、就業していく上での想定される体力や心身面における負担や負荷を掛けて実習をしていきます。働くってどんな感じだろうと不安がある方には、うってつけになります。
 と言っても、実際に実習で作業するのは、豊島区役所の障害福祉課より、豊島区役所内で事務作業(主に書類整理や印刷機・コピー機などの操作)を1日で、主に午後の時間に行います。 事前に履歴書作成、申込書記入(志望動機も記載)を提出して書類選考を経て、無事実習となったら、事前面接をして当日の実習で行う内容を確認して、実習となります。 その後、実習を行い、実習後には豊島区の担当者と支援員同行での振り返り面談をします。実習によって自身の得意なところや課題の部分が見つかるので、担当者からのフィードバックを受けて、これからの就職活動に進める上で、色々なことを学びを得られるというわけです。

 現在も感染症対策のため、中々以前のように毎月行われる訳ではないですが、利用者さんで、通所に慣れて安定して通えるようになって、就職活動をこれから始めてみたいという方、特に就業するのに不安がある方には足慣らしをする意味でやってみるといいかと思います。 志願して応募する方もいますし、働いた経験がない人で、職種が違っても経験した方がいいかなという人がいた場合は、職員が声を掛けて応募することもあります。また就労移行支援に通っていれば、豊島区民以外の方も応募出来ます。 勿論、準備や応募は職員もサポートしますので、興味を持ちましたら、是非トライして貰えればと思います。以上、サービス管理責任者の関がお送りしました。——————————————————————————————– 見学・体験へのお申込み・相談は 電話 03-5980-8834 (電話受付時間 平日9時30分~18時) メール:info@cccara.com (1)お名前 (2)性別 (3)お住まい(住所) (4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可) (5)診断名(任意) (6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると助かります) (7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #COCOCARA #障害者雇用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。