そのメガネ、何年使ってる?メガネの寿命と買い替え時の目安

おはようございます、サービス管理責任者の関です。
自分も眼鏡を使っていますが、寿命となると果たして?と、思ったことはありませんか。ということで今回はそんな疑問を1/30付のハルメクWebからの記事から紹介します。
 最近のメガネって軽くて本当におしゃれですよね。本や新聞を読むときにメガネを使いますが、いつ買ったか思い出せないくらい昔のものです。壊れるまで使うのが当たり前だと思っていましたが、メガネにも寿命があるのか? 早速調べてみました!

メガネのレンズとフレームの寿命  一般的なメガネの寿命は約2~3年で、それ以降は交換するのが目安なのだそうです。メガネはレンズとフレームで構成されていて、主にレンズの寿命のことを指すみたいね。 現在主流になっているプラスチックレンズは、紫外線や熱、水分の影響で、使用しているうちに経年劣化で黄色っぽく変色していきます。デリケートなレンズは傷が付きやすく、使っているうちに小さな傷や汚れが蓄積するのも劣化の原因になりますので、購入から2~3年たっていなくても、交換した方がいい場合もあります。  劣化が進むのはレンズだけではありません。フレームの肌に触れる部分は、汗や皮脂を吸収して変色したり、コーティングが剥がれたりします。他にもネジが回らない、フレームがゆがむなど、不具合が生じた場合は、買い替えのタイミングだと考えてよいでしょう。

メガネの度数が合っていないかも  メガネの買い替えタイミングには、メガネそのものの劣化だけではなく、使用環境や視力の変化も挙げられます。以下の当てはまる場合は、メガネが合っていない状態で使っている可能性が考えられます。メガネをかけているのに、目を細めないと焦点が合わない、メガネを使用する環境が変わった、肩こりや頭痛を感じることが増えた気がする。 これらに該当している場合は、メガネが寿命を迎えていることに加えて、視力が変化してレンズが合わなくなっている可能性があります。1年に1回は視力の検査をして、使っているメガネの度数が適正かをチェックするようにしましょう。

   使用する環境に合ったメガネを使うことも大切です。人間の眼球は、遠くを見るときと近くを見るときで、違う働きをしています。手元を見るときや、運転で遠くを見るときなど、それぞれの生活シーンにおいて必要な矯正が異なるということです。使用環境に合わせて、仕事用、運転用、読書用、パソコン用など、複数のメガネを持つことで、目の負担を減らすことができます。  寿命を迎えたメガネや合っていないメガネを使い続けると、本来持っている眼のピントを合わせる力が弱まり、より視力が低下する可能性があります。それだけではなく頭痛や吐き気、肩こりが起きやすくなるなど、困った症状に悩まされることもあります。定期的に視力とメガネをチェックして、ベストな状態を保つように心掛けたいですね。
以上、サービス管理責任者の関がお送りしました。 ——————————————————————————————– 見学・体験へのお申込み・相談は 電話 03-5980-8834 (電話受付時間 平日9時30分~18時) メール:info@cccara.com (1)お名前 (2)性別 (3)お住まい(住所) (4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可) (5)診断名(任意) (6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると助かります) (7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか) #Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #COCOCARA #障害者雇用

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #COCOCARA #障害者雇用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です