急性腰痛のぎっくり腰とはそもそも何?再発する理由とは?

おはようございます、サービス管理責任者の関です。
ある日突然、ぎっくり腰になったことはありませんか?そもそもぎっくり腰とは何か?3月19日付のSports Labの記事から紹介します。


急性腰痛と慢性腰痛の見分け方

●ぎっくり腰などは1ヶ月あれば治る  腰痛には主に『急性腰痛』と『慢性腰痛』の種類があります。明確な定義はありませんが、主に発症から4週間以内のものを急性腰痛、それ以上続いているケースを慢性腰痛とするケースが多いようです。いわゆる『ぎっくり腰』など、何かの拍子で非常に痛みが強く出るものは急性腰痛として診断されます。通常1ヶ月ほど度で完治してしまうものが多く、再発の可能性はあるものの、短期間でかなり改善します。  一方、慢性腰痛に関しては明確な原因がわからないものが多く、痛みが続く期間もさまざまで、1年以上続くケースもあります。こうした違いがあるため、心因性腰痛に関しては慢性腰痛として長引くケースが多いのです。どちらにも言えることですが、ぎっくり腰などの場合はそのトリガーとなった状況を思いだすことで、普段の生活で腰を庇いすぎている場合があります。運動不足やコルセットなどにより血流が悪くなってしまったり、心因性腰痛の場合も「動かすと悪化する」といった記憶が運動を制限してしまったりします。いずれにしても、適度な運動やストレッチで腰の血流を良くすることは腰痛の改善に繋がります。痛みが強くならないほど度に体を動かしてあげることは大切です。

急性腰痛のぎっくり腰とはそもそも何?

ぎっくり腰とは腰椎捻挫の総称です。前屈みになったり、重い物を持ったり、骨格の歪みから発症します。痛みが発生した瞬間は動けないほどの激痛に。大体1週間程度で痛みが緩和。発生から1ヶ月ほど度で完治する場合が多いです。

ぎっくり腰が再発する理由

ぎっくり腰は人によっては再発しやすい病気。完治まで安静にせず、痛みが引いた段階で運動しすぎてしまったり、骨格が歪んだままで放置したりすることが原因です。ただ、全く動かないでいるのも血行不良や自律神経の不調を引き起こします。完治後は、適度な運動を心がけましょう。
以上、サービス管理責任者の関がお送りしました。

——————————————————————————————–

見学・体験へのお申込み・相談は 電話 03-5980-8834 (電話受付時間 平日9時30分~18時) メール:info@cccara.com HP:https://cccara.com (1)お名前 (2)性別 (3)お住まい(住所) (4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可) (5)診断名(任意) (6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると助かります) (7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか) #Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #COCOCARA #障害者雇用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。