熱中症の症状が出た時の対処方法 『熱中症環境保健マニュアル2022』(環境省)

おはようございます、サービス管理責任者の関です。

本日も日本列島で猛暑の1日のようです。

実際、昨日も熱中症で救急搬送された方も各地でいたようです。

もし熱中症を疑う症状が出た場合、まず症状に応じてとるべき行動がありますので、見ていきましょう。

初動の対応は、熱中症にかかった人の命を救えるかどうかを左右します

『熱中症環境保健マニュアル2022』(環境省)をもとに、応急処置をまとめました。

熱中症は、暑熱障害による症状の総称です。

暑熱環境にさらされた状況下での体調不良は、すべて熱中症と考えなければなりません。熱中症は症状に応じて重症度が3ランクに分かれています。

▼重症度Ⅰ度:現場での応急処置で対応できる軽症

▼重症度Ⅱ度:病院への搬送を必要とする中等症

▼重症度Ⅲ度:入院して集中治療の必要性のある重症



熱中症が疑われるときにとるべき行動

では、自分や周囲の人が熱中症を疑われる場合、どんな行動をとればいいのでしょうか。

1)意識があるかどうかを確認
意識がない…すぐに救急車を要請 意識がある…急いで涼しい場所へ移動

2)脱衣と冷却
脱衣…衣服をゆるめて、熱を体から放散させる
冷却…露出した皮膚に濡らしたハンカチを当て、うちわなどで風を送る
※冷たいペットボトルで首の両側、脇の下、太ももの付け根に当てて冷やすのも効果的です。 救急車を呼んでも、到着するまではこのような方法で、体温の冷却に努める必要があります。

3)水分と塩分の補給
大量に汗をかいていたら、塩分の補給も大事です。水より経口補水液かスポーツドリンクでの補給が適しています。もし意識が不明瞭で自分で飲めない場合は、無理に飲まそうとせず、医療機関に運んで点滴を打ってもらうようにしてください。

この中で緊急を要するのは、呼びかけても意識がない場合です。近くの人に協力を求めて最低2人でチームを組み、1人はAED(自動体外式除細動器)を探しに走り、もう1人は救急車を要請しながら本人に付き添ってください。
普段通りの呼吸がなかった場合、救急車が到着するまで心肺蘇生(心臓マッサージ)を行わなければなりません。 毎年多くの人が熱中症で亡くなっています。十分な水分補給と暑さ対策で自分の身を守る一方、万一熱中症が疑われる人に出会ったら、適切な行動がとれるようにしたいものです。また熱中症情報で暑さ指数を把握するのも事前対策で良いかと思います。

以上、サービス管理責任者の関がお送りしました。
——————————————————————————————-
見学・体験へのお申込み・相談は
電話 03-5980-8834 (電話受付時間 平日9時30分~18時)
メール:info@cccara.com
HP:https://cccara.com/
(1)お名前
(2)性別
(3)お住まい(住所)
(4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可)
(5)診断名(任意)
(6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると助かります)
(7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)
#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #COCOCARA #障害者雇用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。