誰もが、今ココカラ挑戦できる場所

LINE問合せ
WEB問合せ
電話問合せ
アクセス
利用者専用
動画サイト
お役立ちコラム

障害者の方も大丈夫!動画編集が学べる就労移行支援事業所

近年日本において若者のテレビ離れが加速しています。

視聴行動の分析を行うニールセン デジタル株式会社が2022年に発表した調査によると、実に35歳以下の2割以上が週に一回もテレビを見ないという結果になりました。

反面、5G回線の普及に伴い通信回線の高速化が進んだことで、インターネット上での動画視聴がさらに進むと思われます。

そこで重要になってくるのが動画編集スキルです。

2025年には動画広告市場は1兆円規模になるとの予想もあるため、動画編集のスキルは今後ますます重要になってくるでしょう。

障害を持つ方の中には「未経験の自分に動画編集ができるのかな?」と思う人もいるかもしれません。

今回は動画編集を学べる就労移行支援事業所があることをお伝えします。

就労移行支援事業所とは?

障害のある方をサポートするために創設された障害者総合支援法という法律があります。

障害者総合支援法に基づく就労支援サービスのひとつが就労移行支援です。

就労移行支援では一般企業への就職を目指す障害者や難病の方が、就労移行支援事業所に通所しながら、就職に必要な知識やスキルの習得を目指しています。

学べるスキルは就労移行支援事業所によって違うため、自分の学びたいカリキュラムのある事業所を選ぶ必要があるのです。

参照:厚生労働省HP

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/shougaishahukushi/sougoushien/index.html

未経験でもできる?動画編集ってどんな仕事?

動画編集はパソコンを使うスキルの一つです。

パソコンを使ってする仕事というとプログラミングを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

プログラミングは難解なプログラミング言語を使うため、習得するのが難しいと考える方もいるかもしれません。

その点、動画編集は難しい専門用語も少なく習得しやすいスキルといえます。

動画編集は映像素材をパソコン上でカットしたり繋ぎ合わせたりなどの加工をして、BGMやテロップ、各種エフェクトを掛けて編集していく作業です。

動画編集と聞くとテレビCMなどがすぐに思い浮かぶでしょうが、近年のSNSの発達によりYouTubeやInstagram、Facebookなど様々な場面でアウトプットされます。

個人で行う作業が多いため、日常的に密なコミュニケーションを取ることが苦手な方にとっては、自分のペースで仕事をしやすい点が大きなメリットでしょう。

基本的にはソフトとパソコンがあれば動画編集は可能で、無料のソフトもありますが有料ソフトの方が高品質の動画を作ることができます。

動画編集を学ぶためにどんな就労移行支援事業所を選べばいいの?

就労移行支援事業所と一口に言っても学べるスキルは事業所によって違います。

動画編集を学ぶならITに特化した事業所を選ぶといいでしょう。

ポイントは以下の通りです。

・通所しやすい場所にある

・口コミや評判

・実際の動画編集者と関われるか

・IT関連企業への就労実績

事前に見学に行って事業所の雰囲気を確認することも大切です。

就労移行支援事業所COCOCARAでは動画編集を学べます!

COCOCARAは2020年10月にITに特化した就労移行支援事業所として新規開所しました

運営元である株式会社Karmaでは動画編集も行っているため、実用的なIT技術が学べる事業所です。

未経験の方でも一から動画編集スキルを身につけることができるように、パソコンや有料ソフトの貸し出しも行っています。

また通所するためには通いやすい立地にあることも重要です。

COCOCARAは多くの交通機関が乗り入れている池袋にあり通いやすい事業所といえます。

事業所内は緑を基調としたインテリアで、窓側や壁向きの席もご用意し利用者の方が落ち着ける空間を目指しました。

コミュニケーションに不安がある方でもスタッフがサポートをするので、安心して通うことができます。

他にもCOCOCARAでは各行政機関と確認連携し在宅支援プログラムの強化を行っています。

在宅でも利用する方の体調・メンタルケア、スキルアップ訓練を行えるよう、ZOOM等テレビ電話を活用した支援体制が整っています。

まずは一度見学に来てみてはいかがでしょうか。

参照:厚生労働省HP「在宅における就労移行支援事業ハンドブック」 https://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12200000-Shakaiengokyokushougaihokenfukushibu/0000084414.pdf

まとめ

動画編集はこれからも多くの需要が望める仕事です。

就労サービスを受けながら動画編集のスキルを身につけることは、今後の就労の選択肢を増やすためにも有効な方法でしょう。

就労移行支援事業所によってカリキュラムも異なるため、実際に事業所を見学して自分に必要なスキルを身につけられる事業所に通いましょう。

私たちCOCOCARAは、就労移行支援事業所として、障害等の事情があってお仕事に就くことに苦労している方に対して、相談や就職準備、アドバイスなどのサポートを行なっています。

「障害があるから仕事が見つからない…」などのお悩みを抱えている方は、一人で悩まずに一度相談に来てみてはいかがでしょうか。

新しいスキルを身につけ、私たちと一緒にご自分に合った働き方について考えてみませんか。

利用者様一人一人に寄り添い、自分のペースで働けるようになるお手伝いをさせて頂きます。

——————————————————————————————-
見学・体験へのお申込み・相談は ☆
こちらのフォーム または🐨

・電話 03-5980-8834 (電話受付時間 平日9時30分~18時)
・メール:info@cccara.com
からもお気軽にご相談くださいませ🐨
HP:https://cccara.com/

メールでのご相談は、下記項目から可能な範囲で共有いただけますと幸いです。

関連記事

  1. 自閉症と共に生きる人の働くことの難しさとは?上手に働くコツも解説!|IT特化型就労移行支援事業所COCOCARA

  2. うつ病の病歴があると就職できない?自分に合った仕事を見つけるには?

  3. うつ病の学生が就職するには?必要な準備や支援機関について解説

PAGE TOP