腰痛…ではなくても、実は注意。

サービス管理責任者の関です。このタイトルということは…ギックリ腰でもなった?!
という訳ではありませんが、腰痛そのものも勿論注意で、先程言った、ぎっくり腰とて、本当になったら動けなくて、這っていくしかない位に辛い状態になります。コルセットを巻いたり、腰痛ベルトを巻いたり、まあ大変としか言いようがありません。
 しかし!今回話題にしたいのは、脇腹と腰椎(腰の真ん中)の間の所が痛かった場合。勿論、腰痛の可能性もありますが、痛み方がじくじくするような感じで、しばらくして七転八倒する位に痛んだ場合。そうなった場合、即座に救急車を手配してください。尿管結石か腎結石です。 尿道に数ミリの石灰石のような小さいものですが、それが尿道に詰まった時は、とにかく辛いです。医者に診察する前に「大丈夫死なないから」と言われても、死にそうな位な激痛が走ります。なった経験者としてはっきり言います。

 『こんなもの、なるもんじゃない』
 因みに実際の治療法は、軽度であれば、危ないなあと思ったところでジャンプして飛ぶ。運が良ければそれで激痛を回避出来る場合もあります。次に原始的に水分を大量に飲んで、尿と一緒に出していきます。併せて点滴も一緒にします。 それでも数センチ位の大きなもので簡単に尿道から出ない場合は入院して尿管結石砕石術という方法で機械を使ったり、場合によっては手術をする場合もあります。
 原因としては、食生活で肉の食べ過ぎに注意。尿路結石の7~8割が、シュウ酸カルシウム結石だと言われています。そこで、まずはシュウ酸とカルシウムを含んだ食べ物を見てみると、 シュウ酸は肉類などの動物性タンパク質を食べると体内に増加しますが、小腸でカルシウムと結び付くと便として排出されてしまいます。しかし、排出されずに残ったシュウ酸は腎臓へと運ばれ、そこで結石に変わる可能性が高まるのです。つまり結石の出来やすい人は、シュウ酸の摂取量に比べてカルシウムが不足しているという事になります。ですから、余分なシュウ酸の吸収を抑えるには、十分なカルシウムを摂取しておく事が大切です。カルシウムは、牛乳、小魚、野菜などに多く含まれていますが、塩分の過剰摂取はカルシウムの排出作用を高めてしまいます。  また、シュウ酸はホウレン草、タケノコ、大豆製品、ナッツ類にも多く含まれており、ビタミンCの過剰摂取もシュウ酸の数値を高めます。この様に、尿路結石は様々な食べ物が影響して起こる訳ですが、気を付けるべき点は、動物性と植物性の両方からバランス良く栄養を摂取する事です。

 という訳で、自分の場合、尿管結石、腎結石になってからというものの、肉類は好きだけども、注意はするようになった次第です。水分補給と後はヨーグルトを以外と食べています。 実際に尿管結石になるのは、男性が大半ですが、稀に女性でなる人…といったら実妹がなっており、聞いたところ痛みは出産と同じ位に痛かったとのこと。彼女の場合は、ほうれん草の食べ過ぎだそうですが。気をつけましょう。——————————————————————————————– 見学・体験へのお申込み・相談は 電話 03-5980-8834 (電話受付時間 平日9時30分~18時) メール:info@cccara.com (1)お名前 (2)性別 (3)お住まい(住所) (4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可) (5)診断名(任意) (6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると助かります) (7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #COCOCARA #障害者雇用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。