味噌汁~TAKE2

おはるか~。サービス管理責任者の関です。
 以前話題にした味噌汁の続きになります。今回は味噌汁の具材に何を入れるか?これも意見が分かれると思いますが、進めていきましょう。 味噌汁の具となると、定番は地域や人それぞれになると思いますが、汁物のいいところは野菜の栄養素が汁の中に残るので、栄養素を失う量が少なくて済むのと多くの具を食べやすい特に野菜のカサが減るので、野菜を食べる量が増えるというのがメリットの1つでしょう。また嫌いでなければキノコ類もお奨めです。

 よく外食チェーンで出てくる味噌汁だと、わかめとネギ(=入っていないところもあるかも)といったイメージがあります。海藻類だとミネラル補給にもなるし、カロリーが低いので、選択肢としてはいいかと思います。他の海藻類だと乾物になりますが、とろろ昆布、あおさ、ふのり、お値段は高いけどアカモク、といったところでしょうか。以外にめかぶもいいです。 次に和食に案外出てくる“お麩”。こちらの原材料は小麦粉ですが、味噌汁の具の1つとして上げられます。少し大きな袋で買うと意外と値段が張りますが、小さ目な袋のものを買うと意外と高くないです。
 次に大豆を使用した加工品で、豆腐(厚揚げも含む)、揚げ、稀かもしれませんが、納豆(=納豆汁、刻んだ納豆(ひきわり納豆もお奨め)にネギを入れます)も入るでしょうか。個人的には食後のマナーを考えないといけないですが、個人的には好きな味噌汁の1種類です。 そして本題の野菜類になると、キャベツ、大根、かぶ(大根、かぶは~の葉も含む)、もやし、カイワレ大根、ネギ、玉ねぎ、みょうが、青じそ、みつばなどなど挙げていくとキリがないですが、ちょっとしたおかずもどきにはなります。 あとはキノコ類ですが、なめこ、エノキ、しめじ、人によってはシイタケ、エリンギを入れるかもしれないです。 おまけで貝類だと、しじみ、あさり、ハマグリは少し高いか。意外なところでホンビノスというハマグリがお値段が少し安いというものもあります。ホンビノスは千葉県側の東京湾で獲れるそうです。因みに下の画像はホンビノス貝です。あさりより大きくはまぐりより小さいといったところでしょうか。 余談になりますが、自分はスーパーのスーパーバリュー西尾久店で時々買っています。

 味噌汁だと熱いから食べにくいという方には、宮崎県の名産で「冷や汁」というのがあります。冷や汁にする場合は、薄く切ったキュウリと缶・瓶詰でもいいので、サバとか鮭とかと一緒に添えるといいかと思います。興味がある方は、ネット検索をお薦めします。あと最近スーパーで出ている山形発祥の刻み野菜「だし」を活用してみるのもいいかもしれません。

 ということで、味噌汁で1品ならぬ1件の原稿も作ってしまいましたが、いつもとまた違った視点で気分転換が付けれればいいかと思います。  ——————————————————————————————– 見学・体験へのお申込み・相談は 電話 03-5980-8834 (電話受付時間 平日9時30分~18時) メール:info@cccara.com (1)お名前 (2)性別 (3)お住まい(住所) (4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可) (5)診断名(任意) (6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると助かります) (7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #COCOCARA #障害者雇用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。