かに玉もどき

ノモシュカール(ベンガル語でこんにちは)。サービス管理責任者の関です。
今回は、比較的コストが掛からない自炊料理で、カニカマボコを使った、かに玉もどきを紹介します。
 Youtubeの動画とかにも出てくるかもしれませんが、材料はスーパーで売っているカニかまぼこと卵。更に凝って作りたい方は、ネギやキノコ類を入れるといいかと思います。
 先に卵を2個ほど割ってボールに入れて卵を溶いた後、カニかまぼこの身をほぐしたのをボールに入れます。塩とこしょうを少々入れて、あとは、フライパンで卵焼きを作る要領で大丈夫です。その他には、100円ショップで売っているレンジ用の玉子焼き機で作ってもいいかと思います。

 よくよく考えてみれば、〇〇園のかに玉を買って作った方がマシかもしれませんが、こんなふうに案外簡単に作れるものもある…と、思って頂ければかと思います。
 因みに自分は普段は、卵焼きのように焼いた後にご飯の上に乗せて、天津丼もどきにして食べています。あんかけを作れば完璧ですが、そのまま醤油を掛けて食べています。あんかけを作る場合は少量の水に醤油、砂糖、お酢、片栗粉を固まらないように鍋に弱火で掛けて作れば出来ます。量の配分は検索するか、動画などを参考に。
 勿論、毎日これを食べている訳ではありませんが、料理を作る、先ずはそんなに力まないところから始めてみるのがいいかと思います。確か家庭科の教科書で一番最初にするのがゆで卵だったので、本当にまず手始めにかと思います。 でも漠然と電子レンジでゆで卵を作ろうとすると卵が爆発するので、ホームセンターなどで専用の電子レンジ専用の容器を買ってから、作ってみるといいかと思います。

 自炊で生活費の節約、いろいろ工夫すると出来るのですが、過度に凝ってしまうと作る量が1人前とかだと、逆にお金が掛かってしまう場合のあるので、そういうところも含めて少しずつ慣れていければと思います。 以上、サービス管理責任者の関がお送りしました。——————————————————————————————– 見学・体験へのお申込み・相談は 電話 03-5980-8834 (電話受付時間 平日9時30分~18時) メール:info@cccara.com (1)お名前 (2)性別 (3)お住まい(住所) (4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可) (5)診断名(任意) (6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると助かります) (7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか) 

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #COCOCARA #障害者雇用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

お盆

次の記事

ブロッコリーの茹で方