誰もが、今ココカラ挑戦できる場所

LINE問合せ
WEB問合せ
電話問合せ
アクセス
利用者専用
動画サイト
ブログ

睡眠の質を高めるたった1つの方法

おはるか~♪サービス管理責任者の関です。寝てもなかなかしっかり寝れているか不安、そこでこういう対処方法は如何でしょうか?(^^♪ 今回は9/27付のダイアモンドオンラインからの記事の抜粋になります。
 終わりの見えないコロナ禍で不安が広がるいま、心のなかに小さな希望を増やす方法を教えてくれる。 「眠る1時間前は何もしないの」

● ゴロゴロするクセをつけよう  きょうのひとことは、 「眠る1時間前は何もしないの」  どうしても、やることが多くて、眠る間際まで家事をしたり仕事をしたりして、いろいろとバタバタバタバタしてしまう。  中には激しい運動をしてしまう人なんかもいます。 その直後に眠ろうとしても、やっぱり眠れないんですよね。脳や体が活発に動かした状態から、すぐに眠ろうとするのはなかなか難しいことなんです。  おすすめとしては、眠る1時間前から何もしないこと。そうはいっても、眠る1時間前から何もしないなんて無理という人もいるでしょう。  そういう人も、せめて眠る30分前から何もしない時間をつくってあげましょう。  明るさを調節できる「調光ライト」というのもありますが、眠る30分~1時間前には、部屋の明かりを落として、薄暗くできればよりよいです。明かりの色も、「昼白色」「昼光色」といった寒色系より、暖色系の「電球色」のほうがよいでしょう。  そんな環境をつくってあげて、眠る30分~1時間前には何もせず、ゴロゴロする時間を自分につくってあげるんです。  音楽を聞くとか、あまり頭を使わないような読書する程度なら、やっても構わない範囲です。 とりあえずは、何にもせずにゴロゴロするという習慣をつけることが大切です。なかなか難しいとは思いますが、眠る30分~1時間前には、できればスマホやパソコンを見ない、使わない。そうすると、より効果的になります。

 なかなか寝つけないという方も多いですが、お話しを聞いてみると、眠る前にスマホをいじっている人が多いんです。 情報を検索して、頭にインプットしたりして、眠る直前まで目と脳を駆使しています。そんな状態から、いざ眠ろうとしても、人体の仕組みとしてなかなか難しい。((+_+))  だから眠る30分~1時間前は、何もせずにゴロゴロすることを心がけてみてください。 それだけで睡眠が改善されることがよくあります。———————————————————————————————–  きょうのひとこと、「眠る1時間前は何もしないの」でした。
 と言っている当人が出来ているか?と聞かれると…。 先日、購入したスマートウォッチを付けて寝たところ、睡眠が浅いとバッチリ記録に残って落胆している、サービス管理責任者の関がお送りしました。——————————————————————————————– 見学・体験へのお申込み・相談は 電話 03-5980-8834 (電話受付時間 平日9時30分~18時) メール:info@cccara.com (1)お名前 (2)性別 (3)お住まい(住所) (4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可) (5)診断名(任意) (6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると助かります) (7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #COCOCARA #障害者雇用

関連記事

  1. リワークと就労移行支援の違いとは

  2. 所沢の障がい支援施設ガイド             ~地域社会とのつながりを育む~

  3. うつ病が理解できない親と理解されない子供の苦悩

PAGE TOP