11月の異名「霜月」 冬の訪れを感じる頃

おはようございます、サービス管理責任者の関です。現在、我々は太陽暦を生活しておりますが、たまに聞く太陰暦の月の呼び名、たとえば如月(2月)、皐月(5月)などを聞くことがあるかと思います。と、いう事でウェザーニュースの11/1付けの記事からとこの時期の呼び名ということで取り上げます。
いよいよ11月になり、今年も早いもので残り2か月を切りました。 11月の異名として一般的なのは「霜月(しもつき)」です。旧暦の11月は、だいたい新暦の12月頃にあたり、霜が降りてくる時期であることからつけられた呼び名といわれます。

11月には他にもいくつかの呼称があります。 10月の神無月に対して「神帰月」なども 10月の神無月(かんなづき)の由来は皆さんご存じでしょうか。神社の神様は、10月になると出雲大社に集まるため、「神様のいない月」という意味で、一般的に「神無月」といわれます。 これに対して、11月には各神社に神様が戻ってくるということで「神帰月(かみかえりづき・しんきづき)」、「神来月(かみきづき)」、「神楽月(かぐらづき)」などとも呼ばれるそうです。 また、「霜降月(しもふりづき)」、「霜見月(しもみづき)」、「雪待月(ゆきまちづき)」、「雪見月(ゆきみづき)」など、霜や雪に関する呼称が多くなっています。 昔の人は、白く美しい霜や雪に冬のおもむきを感じていたことが伺えます。
 こんなところから風情を感じたいなと思った、サービス管理責任者の関がお送りしました。——————————————————————————————– 見学・体験へのお申込み・相談は 電話 03-5980-8834 (電話受付時間 平日9時30分~18時) メール:info@cccara.com (1)お名前 (2)性別 (3)お住まい(住所) (4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可) (5)診断名(任意) (6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると助かります) (7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #COCOCARA #障害者雇用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。