皮膚科医に聞く手荒れ対策 ハンドクリームの見落としがちな3つのポイント

おはようございます、サービス管理責任者の関です。先日、手荒れの記事を掲載しましたが、ではケアをするにはということで、ウェザーニュース12/11付の記事から紹介します。
手荒れの季節に欠かせないのがハンドクリームです。野村皮膚科医院(横浜市神奈川区)院長の野村有子先生に、効果を上げるためのポイントを教えていただきます。

手荒れは見た目だけの問題ではない 冬は空気が冷たく乾燥するために、気づくと手がカサカサ、シワシワになっています。頻繁な手洗いや消毒に、ますます手荒れが進むのも憂鬱です。 「皮膚というのは、細菌などの外部の異物から体を守り、水分の蒸散を防ぐなど、とても大切な部位です。特に頻繁にものに触れる手の皮膚は、健やかに保つ必要があります」 大切なのは、手が荒れる前からのハンドケアだといいます。 「皮膚がカサついたりシワシワになるのは、水分を十分保持できていないからです。手荒れは、微細な“傷”がある状態。手荒れが進んでしまうと刺激に弱くなり、かゆみや痛みを感じたり、回復するのも難しくなったりします。かさつきやかゆみに気づいたら、ていねいなケアを心がけましょう。そして、乾きを感じる前から保湿することが一番です」 見落としがちな3つのポイント 「ハンドクリームを使っているのに手が荒れる」という人は塗るだけで大丈夫だと思っていないでしょうか。見逃してしまっていることがあるかもしれません。 (1)しわ、爪の境目、水かき、手首にも ハンドクリームの基本は、適量を全体にムラなく塗ることです。目安は人差し指の第一関節分ぐらい。多めのようですが、しっかり塗るために必要な量だといいます。 「指1本1本、塗り残しがないよう丁寧に塗ります。指の関節のしわ、爪との境目、水かき部分、手首の4ヵ所が、塗り忘れの多い部位です。また、荒れやすい部位には、重ねづけします」 (2)手洗いのたびに塗る 感染症対策で、手洗いや消毒の機会が多くなっています。忘れずにハンドクリームを塗りましょう。 「手を洗うということは、汚れを落とすのと一緒に、洗う前に塗ってあったハンドクリームも落とすことになります。手洗いは、その後のハンドクリームでのケアまでをセットで考えましょう。家庭なら手を洗う場所ごとに、使いやすいポンプタイプのハンドクリームを常備して、外出時は持ち歩きやすいチューブタイプのハンドクリームをカバンに入れておくといいでしょう」 (3)ローション・乳液の併用も ハンドクリームをあえて手の甲だけに塗ることはないでしょうか。手先が滑りやすくなったりベタベタするのを嫌って、手の一部にしか塗らないケースです。 「保湿は手全体に行うのが基本です。ベタつきが気になるなら、日中はローションや乳液など軽いタイプ全体に使いましょう。乾燥が強い部分に、クリームを重ね塗りします」

手を使わない就寝中は、油分の多いハンドクリームでケアします。 「寝る前にハンドクリームをしっかり塗りましょう。たっぷり塗った後に、綿など天然素材の手袋をすると効果的です」 皮膚はとてもデリケートです。正しいケアで、すべすべな手を守っていきましょう。——————————————————————————————– 見学・体験へのお申込み・相談は 電話 03-5980-8834 (電話受付時間 平日9時30分~18時) メール:info@cccara.com (1)お名前 (2)性別 (3)お住まい(住所) (4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可) (5)診断名(任意) (6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると助かります) (7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #COCOCARA #障害者雇用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。