不眠症?の傾向と対策

サービス管理責任者の関です。
先日、睡眠薬の話題で、睡眠導入剤と睡眠改善剤の違いをみて見ましたが、今度は不眠症そのものに着目をしてみましょう。

不眠症とは、なかなか寝付けなかったり、途中で起きてしまったりなど睡眠に関する問題が1カ月以上続くことで、日中に倦怠感や意欲・集中力の低下などを引き起こす疾患のことをいいます。

この2つのポイントが診断基準になります
1「長期間にわたり夜間の不眠が続き」
2「日中に精神や身体の不調を自覚して生活の質が低下する」

そして不眠症は、おおまかにですが以下の4つのタイプに分けられます。
① 入眠障害:寝つきが悪く、なかなか寝付けない
② 中途覚醒:眠りが浅く途中で何度も目が覚めてしまう
③ 早朝覚醒:早朝に目が覚めてしまう
④ 熟眠障害:睡眠時間が確保されていても、本人にとってぐっすり眠れたという満足感が得られない

不眠症の対策?
薬に頼らない対応策?
⑴入眠に向けてしっかりと準備することが大切なので、ゆっくりお風呂に入り体温を高めてリラックスすることや、適度な運動をすることで体に適度な疲労感を生みだすことも有効です。
⑵入眠を阻害する作用のあるものを避けるといいでしょう。カフェインの摂取や寝る前のスマホの使用は、交感神経の亢進や脳の覚醒をひき起こす可能性があるので、できるだけ控えましょう。

実は間違っている不眠対策ってありますか?
出来るだけ睡眠のリズムを一定にすることが大切です。それ故に、過度な昼寝や休日の寝溜めなどは睡眠のリズムが崩れるため逆効果といえます。
また、睡眠時間を確保するために、いつもより早く布団に入ることもおすすめできません。入眠まで時間がかかり、逆に眠れないというプレッシャーがかかることがあります。
※参考資料:3/30付メディカルDOCより

なので、じっくり時間を掛けて修正していくという感じでやっていくと良いのでは思います。
以上、サービス管理責任者の関がお送りしました。
——————————————————————————————–
見学・体験へのお申込み・相談は 電話 03-5980-8834 (電話受付時間 平日9時30分~18時) メール:info@cccara.com HP:https://bit.ly/3Ik4rPc (1)お名前 (2)性別 (3)お住まい(住所) (4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可) (5)診断名(任意) (6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると助かります) (7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか) #Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #COCOCARA #障害者雇用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。