コロナワクチン接種

こんにちは、サービス管理責任者の関です。
皆様の中には既にコロナワクチン接種が終っている方もいるでしょうし、某のようにこれからの方もいるかと思います。 そこでアーバンライフメトロの記事を参考にしながらから、コロナワクチン接種後の対策や対処について考えたいと思います。
『コロナワクチン接種、2回目の副反応に悩んだ男性ライターが解熱剤以外に買うべきだったものとは』(一部抜粋・改題)<8/30付記事より>

接種後の倦怠感との戦い
 この記事の書いた筆者の話によると、
近所の病院で「明日ワクチン接種なので解熱剤を処方してほしい」といって事前に解熱剤を用意するとなると、 ・自費になる ・処方はカロナール(アセトアミノフェン) ・1回2錠で1日分600円 ・熱が出る前に飲んだほうがいいので、午前中に接種したら夕方には飲んでおくこと(註:厚労省のウェブサイトでは非推奨とのことですが筆者は「熱が出る前に飲むほうがよい」と説明される)  またこの記事を書いた筆者は薬局で冷却シートとウィダーインゼリー、スーパーマーケットでポカリスエットなどを買って準備をしたそうです。
この記事では筆者のコロナワクチン接種2回目の内容になりますが、
午前中にワクチン接種を行い、ジワジワと違和感が出てきました。発熱はしていないのですが全身がだるいのです。倦怠(けんたい)感が出るとは聞いていましたが、仕事やスポーツの後で感じるだるさとは異なり、不快なだるさです。  それとともに猛烈な眠気が襲ってきました。取りあえず布団に潜りますが、気がついたらもう夕方。食欲はあるのでいつも通り夕食をとりました(元気を出すためにトンカツを買っておきました)が、食べている間もだるさと眠さが続きます。  もう一度布団に入り、気がつくと朝でした。朝になると接種した左腕に痛みを感じました。1回目の接種翌日は「痛いなぁ」程度でしたが、2回目は「イタタタ……」と増しています。ピンポイントで筋肉痛になっているような痛さです。  ただそれ以上に強烈なのが、全身のだるさと眠気です。とにかく布団から1歩も動きたくありません。カロナールを飲むと痛みは少し和らいだ気はしますが、だるさは消えません。ずーっと寝たまま過ごすことになりました。  3日目になり、腕の痛みは消えました。この日は布団から起き上がれるようになり、仕事をしたのですが、だるさと眠気はまだ残っていました。あくまでも個人の感想ですが、接種の5日後くらいまではだるさは抜けませんでした。その後は、まったく身体の不調はありません。もちろん個人差はありますが、筆者が困ったのは猛烈なだるさと眠気でした。とにかく布団から出てキッチンやトイレにいくのも面倒くさくなるレベルです。ただ、食欲はいつも通りでした。  そのため、これから接種する人は解熱剤やポカリスエットだけでなく、数日間分の食料を用意しておくことが肝心ではないかと思います。  また接種後ですが、接種済み証は各自で保管となります。現在、各自治体では海外渡航者向けにワクチンパスポートの発行を始めていますが、今後、国内でも公共施設や交通機関を利用する際に同様の証明が必要になるという観測もあります。  というわけで、接種済み証は極めて大切に保管しておいたほうがいいでしょう。筆者はここが接種後の一番大事なポイントだと思っています。

 と、いった内容になりますが、自分はようやく自治体のHPで1か月後になりますが、ようやく予約が取れて、これからコロナワクチン接種をするので、既にワクチン接種を直にしている職員や利用者の方の話も参考にしながら、万全に備えたいと思います。 以上、サービス管理責任者の関がお送りしました。——————————————————————————————– 見学・体験へのお申込み・相談は 電話 03-5980-8834 (電話受付時間 平日9時30分~18時) メール:info@cccara.com (1)お名前 (2)性別 (3)お住まい(住所) (4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可) (5)診断名(任意) (6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると助かります) (7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #COCOCARA #障害者雇用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

防災の日

次の記事

フェーズフリー