スーパー銭湯なみの充実度! 都内「モダン銭湯」4選

今晩は、サービス管理責任者の関です。日々の中で、自分が手軽に気分転換をする方法に、銭湯に行って湯舟に足を伸ばして入るというのが楽しみになっています。特に夜中寒い時に温まりたい時にはすごくいいです。どうしても自宅の湯船だと伸び伸びと入れない気がして、よく行っています。そんな中でアーバンメトロ11/18付で480円で入れるところという事で紹介している記事を掲載します。
「古きよき」イメージからの脱却を  銭湯は都会のオアシスです。熱々の広い湯船に漬かれば、仕事の疲れがお湯に溶けていきます。そんな銭湯ですが、残念ながら利用者からどんどん遠い存在になっています。東京都の調べによると、東京の銭湯の数は年々減っており、2006(平成18)年には963軒あった銭湯は、2020年に499軒まで減少しています。  一方、東京には古きよき銭湯だけでなく、デザイン性の高いモダン銭湯もたくさんあります。料金は従来の銭湯と変わらずの480円。コストパフォーマンスが高く、利用しない手はありません。  そこで今回は、「古きよき」のイメージが180度変わるような、若者におすすめしたい銭湯を四つ紹介します。
1.久松湯
 久松湯(練馬区桜台)の外観はグッドデザイン賞の受賞歴もあり、まるで美術館のようです。高級感のある脱衣所が旅館を思わせ、まさにモダン銭湯。旧来の銭湯のイメージを、いい意味で覆してくれます。  朝には多くの自然光が入り、夜にはプロジェクションマッピングが投影されます。泉質も素晴らしく、内湯はナトリウム成分をふんだんに含有。露天では黄金泉を楽しめます。スーパー銭湯にも劣らない充実さにもかかわらず、こちらも料金は480円。わざわざ休日に足を運んで訪れる価値があります。おすすめは日中で、自然光がたっぷり差し込んだ湯船に、昼間から漬かるのはぜいたくそのものです。

2.光明泉
 ぴかぴかのフローリングと真っ白な浴場、そして透き通った水があたたかく迎えてくれるのが光明泉(目黒区上目黒)です。清潔感とはまさにこのこと。白が印象的なモダン建築の内湯や木で囲まれた露天風呂が、旧来の銭湯にはないモダンな雰囲気を醸し出しています。露天風呂は文字通り、都会のオアシス。中目黒の夜風に当たりながら、木の湯船で気分は温泉旅行。毎週金曜日には露天風呂の男湯・女湯が入れ替わるため、訪れる際はあらかじめチェックしましょう。  また、光明泉は美容目的にもおすすめです。「たった480円で利用できるスパ」と言っても過言ではありません。体温のようなあたたかさの炭酸泉は、のぼせることなくゆっくり漬かれます。二酸化炭素が血行を促進し、女性が悩みやすい冷えやむくみを改善してくれます。また真っ白な浴槽は人工ラジウム泉で、関節痛や神経痛、更年期障害などの治療にも使われます。

3.清水湯  青山通りから一本入ったところにある清水湯(港区南青山)。こんなおしゃれな場所に銭湯? と感じる人もいるかもしれませんが、なかに入るとおしゃれな青山にぴったりのモダン銭湯です。旧来の銭湯と違い、デザイン性が高くスパのような浴場になっています。清水湯の客層は若く、また外国人も少なくありません。俳優の田中圭さんや芸人の千原ジュニアさんなどの芸能人も「清水湯好き」を公言しています。  清水湯の醍醐味(だいごみ)は、広々とした3タイプのジェットバスと適温の炭酸泉、そして小さな気泡が溶けたシルク風呂です。シルク風呂は真っ白で、まるで牛乳風呂に漬かっているような気分に。青山通りのランニングや表参道でのショッピング後、清水湯で汗を流していきませんか?

4.文化浴泉  渋谷に行く機会があれば、東急田園都市線で1駅足を伸ばして池尻大橋に寄りましょう。そこにあるのが文化浴泉(目黒区東山)です。筆者は都内の銭湯を数々回っていますが、デザイン性はナンバーワンです。入り口は和風ですが、浴室はアジアン。旧来の銭湯の持つ伝統と東京の先進性が融合したような銭湯で、男湯にある円型の赤富士山ペンキ絵はまさにその象徴です。デザインに加えてお湯も一級品。つるつるの軟水「nano湯」にはナノバブル粒子が含まれ、美容目的で入りに来る人も多いのだとか。  おすすめは日曜日の朝風呂。日曜日のみ朝8時から営業しており、隔週で薬湯も楽しめます。

銭湯はデジタルデトックスできる  今回は若者に行ってもらいたい都内のモダン銭湯を紹介しました。  自宅にいると脱衣所やトイレでも、私たちは常にスマートフォンに向き合っています。しかし銭湯は「携帯禁止」。そのため、体や心を芯から休められます。  銭湯の湯船に漬かっていると、 「こんなにスマートフォンを手放したのはいつぶりだ」 と気づくかもしれません。銭湯は「何もしない時間」を満喫できる空間です。皆さんもぜひ、月に数回はデジタルデトックスをしてはいかがでしょうか?——————————————————————————————– 見学・体験へのお申込み・相談は 電話 03-5980-8834 (電話受付時間 平日9時30分~18時) メール:info@cccara.com (1)お名前 (2)性別 (3)お住まい(住所) (4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可) (5)診断名(任意) (6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると助かります) (7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #COCOCARA #障害者雇用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。