「冬季うつ」に気をつける

おはようございます。サービス管理責任者の関です。日々、寒くなって、お部屋で震えていませんか?
 自分は?ええ、平気ですとも、体脂肪で(汗)。

 それはさて置き、今回はNIKKEISTYLEに今朝掲載された話題で、“冬季うつ”について考えていきたいと思います。
 通常、うつ病を発症すると気分が落ち込んだりするだけでなく、食べ物が食べられない拒食や、不眠に悩まされる。甘いものなどを食べすぎたり眠くてたまらなかったりするという冬季うつの症状はその逆で、うつとは気づかずに体調が悪いだけだと見逃されることも少なくない。冬以外は元気なので、怠けていると誤解される場合もある。 冬季うつは日光に当たる時間と関係が深い。冬に日照時間が短くなる高緯度地方ほど多く見られるとされ、東京から北海道に転居して発症する例もある。逆に東京で冬季うつだったが赤道に近いオーストラリアに引っ越してから症状が出ないという人もいた。 症状の重い患者は、強い光を出す照明器具で1、2時間程度照らす「高照度光治療」を施す。日常生活でもできるだけ日光にあたるよう心がけることが大切だ。屋外に出る場合も、散歩などの運動はせずにひなたぼっこするだけでも効果がある。うつは症状が重い時期はからだを動かすだけでも辛く、無理に運動しても治療効果は見込みにくい。周囲も日光に当たりやすい環境を整えながら、回復を待つようにしたい。  室内の照明も薄暗い間接照明などは避け、できるだけ明るくしたい。波長の短い青色の光が効果が高いので、電球よりも蛍光灯を使う方がよいという。  高照度光治療だけでは症状が回復しない場合は、薬による治療も並行して行う。使うのは神経伝達を助けるセロトニンという物質を強化するタイプの抗うつ剤だ。  セロトニンは、材料になるアミノ酸のトリプトファンを多く含む魚や肉、豆類、バナナなどを食べることで補える。冬季うつになると炭水化物に食事が偏りがちなので、積極的にこうした食品をとるようにしたい。ただ症状が重いときは治療薬が有効だ。 冬季うつは春になっていったん回復しても、冬になると再発することが多い。体調が悪くなる前に意識して日光に当たる時間を増やすなどすることが大切だ。 特に今年は新型コロナウイルスの流行で外出を控えがち。家にこもると日光に当たらなくなるだけでなくストレスもたまる。冬季うつに限らずうつ病全般を引き起こしやすい環境で、気分や体調の変化に気づいたら早めに医療機関に相談したい。(編集委員 小玉祥司) [日本経済新聞夕刊2020年11月18日付]より関連事項を抜粋
 定番の話になりますが、うつ=怠けているではないということ。  本当に身体が辛いこともあるので、自分の体調の把握と周りの配慮と理解、といいながらも特に配慮と理解のバランスが難しいところでもあるかと思います。特に一人暮らしの方は基本的には誰も助けてはくれないので、何とか動かないといけないし、そうかといって、周りの環境が敵ばかりの状況だったとしたら難しいところです。 はっきり言えるのは本当に辛かったら休むの勇気だし、しかるべき診察を受けるのも勇気かと思います。そうは言っても間を空け過ぎると次に動く時に身体そのものがだるかったりして辛い時もあるし、精神的にも参っている可能性もあるかもしれません。 そんな感じで午後の講義の題材で疾病について取り上げた講義…まだ1回しかしていませんが、そんな感じでコロナと同じく正しく気をつけて対処が出来ればという道のりはまだ長い長い旅のようです。

 そんな皆様には、自分がよく見るYoutubeの動画で、疾病シリーズで言われたフレーズを書いて了とします。
「仕事(or学校)を辞めた時は終わりだと思ったけど、案外、人生はどこからでもやり直せる。健康であれば。」
 気が付いた今日が一番若い日です。もしこの記事をみていろいろ興味がありましたら、気軽にご連絡を下さい。お待ちしております。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。