ペルセウス座流星群

おはこんばにちは、サービス管理責任者の関です。
昨日は…ペルセウス座流星群が見れる日だったそうですが、自分は…見るどころではなかったです(ノへ ̄、)。流星…つまり流れ星のことですが、
と、行ったところで詳細は08/12付のウェザーニュースより。

 昨日12日(木)の夜は三大流星群の一つである「ペルセウス座流星群」が活動のピークを迎えます。今夜遅くから明日13日(金)の明け方にかけてが観測のチャンスです。  今年は「月明かりの影響がない」「活動ピークの時間帯が日本の夜中・放射点の高く昇る時間帯と重なる」という好条件がそろうため、多くの流れ星が期待できます。 夏休みの思い出の一つとして、少し夜更ししてご家族一緒に夜空を見上げてみてはいかがでしょうか。  8/12日(木)の夜は三大流星群の一つである「ペルセウス座流星群」が活動のピークを迎えます。今夜遅くから明日13日(金)の明け方にかけてが観測のチャンスです。  今年は「月明かりの影響がない」「活動ピークの時間帯が日本の夜中・放射点の高く昇る時間帯と重なる」という好条件がそろうため、多くの流れ星が期待できます。  夏休みの思い出の一つとして、少し夜更ししてご家族一緒に夜空を見上げてみてはいかがでしょうか。
1.気になる今夜の天気は?  沖縄や北海道などの一部では晴れる可能性があり、流れ星を見られるチャンスがありそうです。一方、秋雨前線が本州付近に停滞し、日本付近は厚い雲に覆われるところが多い予想です。このため、今夜も曇りや雨のところが多く、天体観測にはあいにくの天気となりそうです。西日本では災害級の大雨となるおそれもあるため、天気予報はこまめにチェックしておくようにしてください。

2.期待できる流星数は?
・出現期間:7月17日(土)~8月24日(火) ・ピーク :8月13日(金)4時頃 ・母天体:スイフト・タットル彗星 ペルセウス座流星群は、1月のしぶんぎ座流星群、12月のふたご座流星群と共に3大流星群の一つとされており、観測できる流星数は年間でも1・2位を争う流星群です。 今年は月が夜のはじめのうちに西の空に沈んでしまうため、流星群の出現時間帯には月明かりのない暗い夜空が期待でき、流星を見つけるのに好条件となります。 アストロアーツ社によると、見晴らしが良く空気が澄んだところで1時間あたり50個前後は見られる見込みです。 ペルセウス座流星群の流れ星は、ペルセウス座の周辺のみに出現するわけではなく、夜空のどこにでも現れます。また、出現する確率も同じです。

3.ペルセウス座流星群の特徴は?
1.遅い時間ほど期待できる流星数は増える 流星群に属する流れ星は、放射点(※)を中心に四方八方に流れます。ペルセウス座流星群の放射点は、時間の経過と共に高く昇るため、少しでも多く流れ星を見たい方は、未明頃から観測するのが良さそうです。 ※流れ星(群流星)が飛び出してくるように見える天球上の点。 2.ピークの前後数日は多くの流星が期待できる ペルセウス座流星群は、ピークの前後数日は多くの流れ星を観測することができます。天気の関係等でピーク時に観測出来ない方は、その前後の日に観測するようにしましょう。 3.明るい流れ星が多く、痕を残すものも ペルセウス座流星群は明るい流れ星が多く、火球と呼ばれるひときわ明るい流れ星や、流星痕と呼ばれる痕を残す流れ星が出現することがあります。
今日がピークでまだ見れるという訳ですね。なので、某みたいに今日見れなかったじゃないか!と、ならなくてもまで見るチャンスがあるということで、以上、サービス管理責任者の関がお送りしました。——————————————————————————————– 見学・体験へのお申込み・相談は 電話 03-5980-8834 (電話受付時間 平日9時30分~18時) メール:info@cccara.com (1)お名前 (2)性別 (3)お住まい(住所) (4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可) (5)診断名(任意) (6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると助かります) (7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #COCOCARA #障害者雇用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次の記事

お盆