「iPhone」の寿命が近づいている可能性を示す5つの現象

おはようございます、サービス管理責任者の関です。iPhoneで気になった記事を発見しました。ZDnet japanの12/11付の記事から紹介します。
「iPhone」は通常、全く機能しなくなる前にいくつかの警告を発する。問題なのは、ほとんどの場合、iPhoneが実際に機能しなくなるまで、それらの警告が無視されることだ。  本記事では、iPhoneが寿命を迎えようとしている可能性があることを示す5つの危険信号を紹介する。

画面がちらつく  この問題が発生したら、iPhoneの死期が近い可能性がある。  筆者の経験から言わせてもらうと、画面がちらつく原因はいくつかある(最も多いのはディスプレイの損傷や欠陥だが、本体内部のリボンケーブルが外れたことが原因だった事例もある)。  ある日、そのディスプレイは全く点灯しなくなるということもある。 「ゴーストタッチ」  ゴーストタッチは、ディスプレイに触れていないのに、本体が勝手に動作することだ。画面の損傷や本体内部の障害が原因となることもある。温度が上昇したり、本体を曲げたりしたことが原因で問題が悪化する場合もある。  この問題は時間の経過とともに悪化し、場合によっては、ゴーストタッチが頻繁に発生したり、ディスプレイがタッチ操作に全く反応しなくなったりする。 ランダムな再起動  iPhoneがランダムに再起動し始めたら、注意してほしい。原因は無数にある。バッテリーの不良が原因であることも多いが(その場合はメッセージが表示される)、メインボードの欠陥や接続の緩みが原因の場合もある。 充電できない  バッテリーが減っているが、iPhoneを充電できない。  その場合、以下のことを試してみるといい。 iPhoneを再起動する。 別の充電器/ケーブルの組み合わせを試す。 iPhoneがワイヤレス充電に対応している場合は、それを試してみる。 画面が膨らんでいる、またはフレームから外れている  通常、これはバッテリーが膨張したことを示している。  損傷したバッテリーは危険なので、これは良い兆候ではない。  画面を無理矢理フレーム内に押し戻そうとしてはいけない。ディスプレイを損傷したり、バッテリーに穴があいたりするおそれがあるからだ。  欠陥のあるバッテリーの危険性を過小評価してはいけない。充電せずに、できるだけ早く適切に対処してほしい。

おまけ:画面が真っ暗になった、またはAppleロゴの画面でフリーズする  iPhoneが動作しなくなっている。  文鎮化だ。  Appleは、自分で修理したいユーザー向けにいくつかのサポートドキュメント(こちらとこちら)を提供している。修理できなかった場合は、「Apple Store」に足を運ぶ必要があるだろう。 この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。
専門誌の記事だけあって、今回は固めの文章ですが、iPhoneでなくてもスマホを持っている人なら気になる話題と感じた、サービス管理責任者の関がお送りしました。——————————————————————————————– 見学・体験へのお申込み・相談は 電話 03-5980-8834 (電話受付時間 平日9時30分~18時) メール:info@cccara.com (1)お名前 (2)性別 (3)お住まい(住所) (4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可) (5)診断名(任意) (6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると助かります) (7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #COCOCARA #障害者雇用

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。