誰もが、今ココカラ挑戦できる場所

LINE問合せ
WEB問合せ
電話問合せ
アクセス
利用者専用
動画サイト
お役立ちコラム

障害者雇用で水耕栽培のメリット・デメリットは?優良企業での働き方を解説|IT特化型就労移行支援事業所COCOCARA

障害者雇用で水耕栽培をしている企業の多くは障害者雇用代行業者と提携しています。障害者にとっては給与面では地域の最低賃金が保証される点などがメリットです。経営母体の企業活動との関連がないことなどがデメリットとされてもいます。良い水耕栽培の企業で働き方のコツについて解説します。|IT特化型就労移行支援事業所COCOCARA

障害者雇用で水耕栽培のメリット・デメリットは?優良企業での働き方を解説

障害者雇用で水耕栽培をしている企業の多くは障害者雇用代行業者と提携しています。障害者にとっては給与面では地域の最低賃金が保証されている点などがメリットです。

経営母体の企業活動との関連がないことなどがデメリットとされています。良い水耕栽培での働き方のコツについて解説します。

障害者雇用に何故水耕栽培が選ばれるのか?

障害者が働く場としてどうして水耕栽培が選ばれるのでしょうか?

水耕栽培の特徴について解説します。

1.農福連携であること

障害者が農業に従事することで生きがいや自信を取り戻していく活動を農福連携と言います。水耕栽培もこの農福連携に該当します。

農福連携のメリットは以下のような点です。

  1. 対人関係に問題を抱えることが多い障害者にとって人間相手でなく自然相手に仕事ができるという点がメリットとして挙げられます。心の平安がとても大事な障害者にとって望ましい就労の場の1つが農業です。
  1. 農家側は近年特に農村の後継者がいないたことが問題を抱えています。障害者に農業技術を授けることで次世代の農業後継者になって貰うことが期待されています。

メリットの大きい農福連携ですがデメリットも指摘されています。

  1. 農業技術だけでなく障害特性に応じた指導ができる人材不足が指摘されています。一般の方にとっても農作業は重労働です。強い労働負荷が生むストレスに障害者は耐性がないことが多いです。農業を通じて障害者に就労支援する場合、農業技術以外の福祉専門職としての力量が必要です。また農業機械を操作することなどは危険が伴います。
  1. 農業の多くは気候・天候に左右され安定した労働機会を障害者に提供しにくい点もデメリットとして挙げられます。

寒冷期、梅雨期、台風、干害など農業は様々な困難な状況を乗り越えていかなければなりません。しかしそのような時期の対策は困難を極め障害者に担ってもらうわけにいきません。比較的労働負荷の軽い部分だけをしてもらうことに実際はなります。そうなると年間を通して安定的に障害者に労働機会を提供しくいとのデメリットが農業にはあります。

2.水耕栽培は農福連携のデメリットが少ない

水耕栽培は植物工場と呼ばれる屋内で栽培されます。芝刈り機や耕運機などの農業機械を操ることはありません。基本的にはオートメーション化されたプラント内のメンテナンス作業を通じて野菜などが生産されていきます。

そのため、長年田畑で培ってきた経験がなくても管理運営することができます。障害者を支援する人材はプロの農家でなくても福祉専門職が研修を受ける程度で野菜を育てることができます。また、高度なメンテナンスは専門技術者に外注することで解決できます。

そして、植物工場と言われるように屋内の空調が完備した環境で働くことができます。気候や天候の影響を受けにくいので年間を通して障害者の方々に就労機会を提供できます。

障害者雇用促進制度と水耕栽培

障害者雇用促進法には企業に従業員数に対して一定割合の障害者を雇用する義務を定めています。

障害者雇用促進制度については過去のコラム記事に詳しく書いていますのでそちらも是非参考にしてくださいね。

障害者雇用に積極的!ホワイト企業ランキング

ここでは簡単に障害者雇用促進制度に触れておきます。

障害者雇用促進法

障害者の雇用を促進するためのものとして「身体障害者雇用促進法」という法律がありました。この法律が1987年に名称が改正され障害者雇用促進法となりました。

さらに、その後対象となる障害が広がりました。現在では身体、知的、精神(発達)障害と広い範囲の障害が対象となっています。

障害者雇用促進法では民間企業に従業員数に対して一定割合の障害者を雇用することを義務付けています。

2021年(令和3年)の改正で民間企業の障害者雇用率は2.3%です。今後2024年(令和6年)6月からは2.5%に引き上げられることが決まっています。

この障害者法定雇用率が満たされない場合、最終的には未達成企業として企業名が公表されることになります。そうなると、障害者福祉に配慮がない企業イメージが付き大変なダメージを受ける可能性も出てきます。

障害者雇用としての水耕栽培代行業

障害者には気候、天候に左右されない、煩わしい人間関係のない水耕栽培の仕事に就きたいという願いがあります。そして、企業には障害者の法定雇用率を満たしたいという願いがあります。その両方の願いを叶える形で登場したのが水耕栽培の障害者雇用代行業です。

代行業者は水耕栽培で働きたい障害者、水耕栽培のプラント、指導員全てを企業に紹介、貸与してくれます。希望する障害者の在籍は一般の企業です。けれど、実質的には代行業者が運営する水耕栽培プラントで従事することになります。

このシステムには

・企業の本業と無関係な仕事内容である。

・生産された野菜等が企業社員に無償提供されている。それでは生産したもので利益を生んでいないので勤労していると言えるのか?

などの批判の声もあります。

もちろん障害者の方自身が水耕栽培に誇りを持って働いている場合もあります。また、生産された野菜も高品質で美味しいと居酒屋などに仕入れてもらってきちんと利益を生んでいる場合もあります。

障害者雇用で水耕栽培をしている優良企業での働き方のコツ

就労移行支援事業所の利用

障害者雇用で働く場所は様々あります。水耕栽培に限定することなくまずは障害者にとってのホワイト企業を探しましょう。

そして、自分自身はどの仕事に適正があり、生きがいを持てるかについて時間をかけて見つけていくことが大事です。

就労移行支援事業所では働きたい障害者に専門職のスタッフが2年間寄り添い希望や適性に合った企業を見つけてくれます。

就労移行支援事業所は沢山あります。特に水耕栽培を希望される可能性がある人に自信を持ってお勧めしたいのがIT特化型就労移行支援事業所COCOCARAです。

COCOCARAには長年の就職サポート実績が蓄積されています。水耕栽培を含むあらゆる分野で優良とされる企業の情報があります。

そしてそんな凄いCOCOCARAの就労訓練は実に9割の人が無料で受けることができています。

COCOCARAでは動画編集やホームページ作成の技術も学べます。水耕栽培の分野では生産品の販売ルートの確立にまだ弱さがあります。

COCOCARAで身に付けたECサイトの構築力やSNS発信力を携えて水耕栽培の世界へ飛び込んでいけばきっと大活躍できることでしょう。

まとめ

水耕栽培は煩わしい人間関係が少ない植物相手の仕事です。自然を相手とする仕事は障害者の情緒の安定にとても良い環境と言えます。

一方で障害者雇用の水耕栽培は代行業者が間に入っています。中には勤労の喜びが得られにくいケースもあるようです。

障害者雇用で水耕栽培を行っている優良企業で活躍できる働き方を身に付けるコツは就労移行支援事業所を利用することです。その中でもIT特化型就労移行支援事業所COCOCARAをお勧めします。

COCOCARAは、障害等の事情によってお仕事に就くことに苦労している方に対して、就職に向けてのサポートを行なっている就労移行支援事業所です。

「自分に合った仕事を見つけたい」

「就職の悩みを相談したい」など不安や悩みを抱えている方は、一人で抱えこまずにお気軽にご相談ください。

見学・体験へのお申込み・相談は ☆

こちらのフォーム または🐨

電話

 池袋オフィス 03-5980-8834
 板橋オフィス 03-5944-1126
 所沢オフィス 04-2941-4884
(電話受付時間 平日9時30分~18時)

メール

info@cccara.com

ホームページ:

https://cccara.com/lp/

からもお気軽にご相談くださいませ🐨

メールでのご相談は、下記項目から可能な範囲で共有いただけますと幸いです。
(1)お名前
(2)性別
(3)お住まい(住所)
(4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可)
(5)診断名(任意)
(6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると幸いです)
(7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

障害者雇用を目指す方の為のおすすめ転職エージェント一覧!

関連記事

  1. リワークと就労移行支援の違いとは

  2. 所沢の障がい支援施設ガイド             ~地域社会とのつながりを育む~

  3. うつ病が理解できない親と理解されない子供の苦悩

PAGE TOP