誰もが、今ココカラ挑戦できる場所

LINE問合せ
WEB問合せ
電話問合せ
アクセス
利用者専用
動画サイト
お役立ちコラム

アダルトチルドレンと発達障害の違いとは?

アダルトチルドレンと発達障害は、両者ともに個々の心理的な特徴や行動パターンを示すことがありますが、それぞれ異なる原因や背景を持ちます。この記事では、アダルトチルドレンと発達障害の違いについて探求し、それぞれの特徴や影響について理解を深めていきましょう。

アダルトチルドレン(AC)について

アダルトチルドレンという言葉は、近年注目を集めている心理学の概念のひとつです。これは、成人してもなお心理的に未熟であるとされる人々を指します。ここではアダルトチルドレンとは何か、どのような特徴を持ち、どのような特徴があるのか見ていきましょう。

アダルトチルドレンとは

アダルトチルドレンという概念は、成人しても未熟な振る舞いや心理的な問題を抱える人々を指します。この用語は、心理学や精神医学の分野で広く使用されていますが、特に成人期に未解決の幼少期のトラウマやストレスに起因する問題を経験している人々を指す場合に用いられます。

アダルトチルドレンは、自分の感情やニーズに適切に対処できない傾向があり、自己肯定感が低く、他人に依存しやすいとされています。彼らは自分の感情を理解し、受け入れることが難しく、自己発見や成長の過程で適切な支援や指導を受けていないことが原因とされています。

症状・特徴

アダルトチルドレンの特徴には、主に対人関係やその依存性が挙げられます。具体的に見ていきましょう。

自己肯定感の低さ

・否定的な環境

アダルトチルドレンが成長していく過程で、否定的な環境にさらされることがあります。例えば、批判的な親、嫌がらせをする同級生、または支援や理解を欠いた教育者などが含まれます。これらの環境は、彼らの自己価値感を低下させる可能性があります。

・適切な支援の欠如

幼少期や青年期に、アダルトチルドレンが適切な支援や指導を受けられなかった場合、彼らの自己肯定感が低下する可能性があります。肯定的なフィードバックや適切なケアを受けられなかったことが、彼らの自己価値感を損なうことがあります。

依存性の高さ

・幼少期や青年期のトラウマ

アダルトチルドレンが幼少期や青年期に経験したトラウマやストレスは、彼らの自己肯定感に大きな影響を与える可能性があります。虐待、家庭内の問題、学校でのいじめなど、さまざまな出来事がその要因となる可能性があります。

・対人関係の困難さ

他人との関係を築くのが難しい場合があります。対人関係の困難さから、他人に依存することで自分を安心させようとする傾向があります。

対人関係での問題やコミュニケーションの困難さ

・社会的不器用さ

社会的な信号や非言語的なサインを理解しにくい傾向があります。そのため、適切なコミュニケーションや対人関係のスキルを身につけるのが難しい場合があります。

・コミュニケーションの誤解

他人とのコミュニケーションにおいて、言葉や行動の意図を誤解することがあります。その結果、関係が緊張したり、衝突したりすることがあります。

・適切な関係の構築の困難さ

適切な関係の構築が難しい場合があります。信頼関係や親密さを築くのが難しいため、孤独や孤立感を感じることがあります。

・社会的不安

他人との関わりに不安を感じることがあります。新しい人との出会いやグループでの活動など、社交的な状況に対して不安を感じることがあります。

過度の不安やストレスへの過敏性

・過敏な感受性

アダルトチルドレンは一般的に感受性が高く、環境の変化やストレスフルな状況に敏感であることがあります。そのため、彼らは他の人よりも過度に不安やストレスを感じることがあります。

・社会的不安

他人との関わりや社会的な状況に対して不安を感じることがあります。新しい人との出会いやグループでの活動など、社交的な場面に過敏に反応することがあります。

・未解決の感情

過去の経験やトラウマに関連する未解決の感情が、アダルトチルドレンの不安やストレスへの過敏性を高めることがあります。感情を解放し、適切に処理することが重要です。

発達障害について

続いては発達障害についてです。発達障害とは生まれつき脳の働きが異なる部分があり、特有の世界の見え方・聞こえ方をしていたり、発達が偏っていたりすることがあります。

発達障害とは

発達障害には大きく分けて2つあり、ASD(自閉症スペクトラム症)とADHD(注意欠如・多動症)があります。

・ASD(自閉症スペクトラム症)

①コミュニケーションや対人関係が苦手で、目を合わせることが難しかったり、曖昧な表  現の理解に難しさを感じます。

②興味の偏りやこだわりの強さがあり、自分なりのやり方を通そうとします。そのため  「融通が利かない」と誤解されることもしばしばあります。

・ADHD(注意欠如・多動症)の主な特性

ADHDでは不注意優勢状態と多動性・衝動性優勢状態に分かれることが多いですが、同等 に目立つ混合状態の方もいます。

①不注意優勢状態

ケアレスミスや忘れ物が多かったり、約束や期限を守ることが苦手です。

②多動性・衝動性優勢状態

貧乏ゆすりやペン回しをし続けることがあります。また、感情の起伏が激しく、相手の  話を遮ってしまったり、すぐ怒ってしまうことがあります。

上記に加え、発達障害に共通する特性として、睡眠障害や感覚過敏、学習障害などがあり、これらは併存していることが多いです。

参照2:発達障害の特性(代表例)- 厚生労働省   https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/shougaishakoyou/shisaku/jigyounushi/e-learning/hattatsu/characteristic.html

二つの違いとは

よく間違われるアダルトチルドレンと発達障害ですが、両者にはどのような違いがあるでしょうか。詳しく見ていきましょう。

・アダルトチルドレンの定義

成人しているが、幼少期や青年期に育てられるべき環境やサポートを受けられなかった人々を指します。

・発達障害の定義

発達障害は、個々の発達の特性や能力に影響を与える、脳の発達に関連した障害を指します。

アダルトチルドレンは、幼少期や青年期の環境や家庭内の問題に由来する可能性がありますが、発達障害は脳の発達に関連した生物学的要因によるものです。また、アダルトチルドレンの特性は、幼少期や青年期に経験したストレスやトラウマに起因する心理的・行動的な影響ですが、発達障害は個々の発達の特性に関連しています。

発達障害とアダルトチルドレンは、異なる原因や特性を持ち、それぞれ異なるアプローチが必要です。一方がもう一方に影響を与えることもありますが、それぞれが独自のアイデンティティを持っています。

まとめ

今回はアダルトチルドレンと発達障害の違いについてお伝えしてきました。両者とも自分自身を十分に理解し、自分の感情や行動に対処する方法を学ぶことが必要です。適切なサポートや治療を受けることで、それぞれの特性を活かすことができるでしょう。

私たち就労移行支援事業所COCOCARAでは、障害等の事情があって就職・再就職に悩んでいる方に対して、相談や就職準備、アドバイスなどのサポートを行なっています。「障害があるから仕事が見つからない…」などのお悩みを抱えている方は、一度相談に来てみてはいかがでしょうか。

見学・体験へのお申込み・相談は ☆

こちらのフォーム または🐨

電話

 池袋オフィス 03-5980-8834
 板橋オフィス 03-5944-1126
 所沢オフィス 04-2941-4884
(電話受付時間 平日9時30分~18時)

メール

info@cccara.com

ホームページ:

https://cccara.com/lp/

からもお気軽にご相談くださいませ🐨

メールでのご相談は、下記項目から可能な範囲で共有いただけますと幸いです。
(1)お名前
(2)性別
(3)お住まい(住所)
(4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可)
(5)診断名(任意)
(6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると幸いです)
(7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

障害者雇用を目指す方の為のおすすめ転職エージェント一覧!

板橋区・北区で動画編集やWebデザインなどのITに特化した就労移行支援

障害者の方が利用しやすいおすすめ求人サイト6選を比較

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #東武東上線 #都営三田線 #COCOCARA #障害者雇用 #板橋 #所沢 #所沢市 #所沢駅 #所沢駅すぐ #所沢駅近 #西武線 #新宿線 #池袋線 #ここあら

関連記事

  1. 他にも色んなブログが盛りだくさん!※今日は所沢事業所から

  2. 他にも色んなブログが盛りだくさん!※今日は板橋事業所から

  3. 他にも色んなブログが盛りだくさん!※今日は池袋事業所から

PAGE TOP