誰もが、今ココカラ挑戦できる場所

LINE問合せ
WEB問合せ
電話問合せ
アクセス
利用者専用
動画サイト
お役立ちコラム

ADHDとうつ病の併発について

ADHD(注意欠陥・多動性障害)とうつ病は、それぞれの症状が個別として生活に大きな影響を与えることはよく知られていますが、両者が同時に存在することも珍しくありません。実際、多くのADHDの患者がうつ病を併発することが多く、その関連性について理解を深めることが重要です。このブログ記事では、ADHDとうつ病の関係、原因、症状、治療法、そして生活への影響について詳しく解説します。

ADHDとは

ADHDは、注意力の欠如、多動性、衝動性を特徴とする発達障害です。子どもに多く見られるものの、大人になっても症状が持続することがあります。以下は、ADHDの主要な特徴です。

・注意力の欠如:長時間の集中が難しい、計画立てが苦手、忘れ物が多いなど。

・多動性:落ち着きがない、じっとしていられない、過度におしゃべりなど。

・衝動性:思い立ったらすぐ行動する、結果を考えずに行動するなど。

うつ病とは

うつ病は、持続的な悲しみや興味の喪失、エネルギーの低下などを特徴とする精神疾患です。うつ病は、気分や身体の健康に大きな影響を与え、日常生活に支障をきたすことがあります。主要な症状には以下のものがあります。

・気分の落ち込み:持続的な悲しみや絶望感。

・興味の喪失:以前楽しんでいた活動への興味を失う。

・エネルギーの低下:疲れやすく、日常の活動が困難になる。

上記の他にも様々な特徴が見られます。

ADHDとうつ病の関連性

ADHDとうつ病は併発することがあります。ここでは関連性について見ていきます。

双方向の影響

ADHDの症状が生活に与えるストレスが、うつ病の発症リスクを高めることがあります。例えば、注意力の欠如や多動性が原因で、学業や職場での成功が難しくなり、それが自尊心の低下やうつ症状を引き起こすことがあります。逆に、うつ病の症状がADHDの症状を悪化させることもあります。

共通の遺伝的要因

研究によれば、ADHDとうつ病は共通の遺伝的要因を持つことが示されています。これにより、両者が同時に発症するリスクが高まります。

脳の機能異常

ADHDとうつ病は、脳の異なる部分に関連していますが、いくつかの共通点もあります。例えば、前頭前野の機能異常が両方の疾患に関連していることが分かっています。

双方に与える影響

ADHDの症状がうつ病に与える影響

1.自己評価の低下

ADHDの症状である注意力の欠如、多動性、衝動性は、学校や職場でのパフォーマンスに悪影響を与えることが多いです。これにより、本人が自己評価を低く持ち、自尊心の低下を招くことがあります。低い自己評価は、うつ病の発症リスクを高める要因となります。

2.ストレスの増大

ADHDの症状は日常生活のさまざまな場面でストレスを引き起こします。例えば、注意散漫のために仕事が効率的に進まず、締め切りに追われることが多くなると、慢性的なストレス状態に陥りやすくなります。長期的なストレスは、うつ病の一因となり得ます。

3.人間関係の問題

ADHDの衝動性や多動性は、友人や家族、同僚との関係に摩擦を生むことがあります。このような人間関係のトラブルは、孤立感を強め、うつ病の症状を悪化させることがあります。

うつ病の症状がADHDに与える影響

1.注意力のさらなる低下

うつ病の主な症状である無気力感や興味の喪失は、もともと注意力が低いADHDの症状をさらに悪化させます。これにより、集中力が一層低下し、日常生活や仕事におけるパフォーマンスが著しく低下します。

2.エネルギーの低下

うつ病に伴うエネルギーの低下は、ADHDの多動性や衝動性を抑えることができますが、それが逆に、過剰な倦怠感や無気力感を生じさせ、活動が極端に制限されることがあります。このエネルギーの低下は、ADHDの治療や管理に対するモチベーションを下げることになります。

3.自己管理能力の低下

うつ病の影響で、自己管理能力が低下することがあります。例えば、服薬の管理や治療への積極的な参加が疎かになり、ADHDの症状が悪化する可能性があります。これにより、両方の症状が悪循環を形成します。

双方の症状が与える生活への影響

1.学業や職場での困難

ADHDとうつ病の併存は、学業や職場での困難を増大させます。集中力の低下、エネルギーの欠如、モチベーションの低下などが重なり、学業成績や仕事のパフォーマンスが低下します。これにより、さらなる自己評価の低下やストレスを招くことになります。

2.社会的孤立

ADHDと鬱病の併存により、人間関係の維持が難しくなり、社会的孤立を引き起こすことがあります。友人や家族との関係が悪化し、サポートシステムが崩壊することが多いです。社会的孤立は、うつ病の症状をさらに悪化させる要因となります。

3.健康への影響

ADHDとうつ病は、身体的な健康にも影響を及ぼします。例えば、ストレスやエネルギーの低下により、免疫力が低下し、病気にかかりやすくなることがあります。また、食欲の変動や睡眠障害が生じ、全体的な健康状態が悪化します。

対策とサポート

1.専門的な治療

ADHDとうつ病の併存症状には、専門的な治療が必要です。精神科医や臨床心理士による診断と治療が重要です。薬物療法や認知行動療法(CBT)が効果的です。

2.生活習慣の改善

日常生活での工夫も重要です。例えば、規則正しい生活リズムを保つ、適度な運動を行う、健康的な食事を摂るなどが有効です。これにより、症状の緩和が期待できます。

3.社会的サポート

家族や友人、支援グループのサポートは、ADHDとうつ病の管理において重要です。彼らの理解と協力が、症状の緩和や生活の質の向上に大きく寄与します。

診断と治療

1.診断のプロセス

ADHDとうつ病の診断は、専門の精神科医や臨床心理士によって行われます。診断には、詳細な問診や行動観察、心理テストが含まれます。

2.治療法

ADHDとうつ病の治療には、薬物療法と心理療法の両方が用いられます。

・薬物療法:ADHDには、メチルフェニデートやアトモキセチンなどの薬が使用されます。うつ病には、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)などが処方されることが多いです。

・心理療法:認知行動療法(CBT)は、ADHDとうつ病の両方に有効とされています。また、家族療法やグループ療法も有益です。

まとめ

今回はADHDとうつ病の併発についてお伝えしてきました。ADHDとうつ病の関連性は複雑であり、両者が同時に存在することで生活に大きな影響を与えることがあります。しかし、適切な診断と治療、そしてサポートを受けることで、症状の管理が可能です。ADHDとうつ病の理解を深め、適切な対応を行うことで、生活の質を向上させることができます。

私たち就労移行支援事業所COCOCARAでは、障害等の事情があって就職・再就職に悩んでいる方に対して、相談や就職準備、アドバイスなどのサポートを行なっています。「障害があるから仕事が見つからない…」などのお悩みを抱えている方は、一度相談に来てみてはいかがでしょうか。

見学・体験へのお申込み・相談は ☆

電話

 池袋オフィス 03-5980-8834
 板橋オフィス 03-5944-1126
 所沢オフィス 04-2941-4884
(電話受付時間 平日9時30分~18時)

メール(件名にブログ経由で問合せと入れていただくと、問い合わせがスムーズです)

support@cccara.com
(件名にブログ経由で問合せと入れていただくと、問い合わせがスムーズです)

ホームページ

https://cccara.com/

からもお気軽にご相談くださいませ🐨

メールでのご相談は、下記項目から可能な範囲で共有いただけますと幸いです。
(1)お名前
(2)性別
(3)お住まい(住所)
(4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可)
(5)診断名(任意)
(6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると幸いです)
(7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

障害者雇用を目指す方の為のおすすめ転職エージェント一覧!

板橋区・北区で動画編集やWebデザインなどのITに特化した就労移行支援

障害者の方が利用しやすいおすすめ求人サイト6選を比較

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #東武東上線 #都営三田線 #COCOCARA #障害者雇用 #板橋 #所沢 #所沢市 #所沢駅 #所沢駅すぐ #所沢駅近 #西武線 #新宿線 #池袋線 #ここあら

関連記事

  1. 夏バテと冷房病の対策~健康な夏を過ごすために~

  2. うつ病は自力で直せるのか

  3. 他にも色んなブログが盛りだくさん!※今日は所沢事業所から

PAGE TOP