誰もが、今ココカラ挑戦できる場所

LINE問合せ
WEB問合せ
電話問合せ
アクセス
利用者専用
動画サイト
お役立ちコラム

ADHDと人間関係の難しさ

ADHD(注意欠如・多動性障害)は、注意力の欠如、多動性、衝動性を特徴とし、個人の生活全般に影響を及ぼします。特に人間関係において多くの困難をもたらすことがあります。この記事では、ADHDが人間関係に及ぼす影響と、それに対処するための具体的な方法について詳しく探ります。

ADHDとは

ADHDとは発達障害のひとつであり、発達障害とは生まれつき脳の働きが異なる部分があり、特有の見え方・聞こえ方、発達が偏っていたりすることがあります。発達障害はさまざまな検査を行い診断されますが、基準に満たない場合で発達障害の特性が見られる場合はグレーゾーンと言われます。ちなみに発達障害やいわゆるグレーゾーンと呼ばれる方の割合は全人口の約1割弱とも言われています。

ADHDの特性

ADHDは主に2つの状態に分かれています。

①不注意優勢状態

ケアレスミスや忘れ物が多かったり、約束や期限を守ることが苦手。

②多動性・衝動性優勢状態

貧乏ゆすりやペン回しをし続けてしまう。また感情の起伏が激しく、相手の話を遮ってしまったり、すぐ怒ってしまうことがある。

基本的には不注意優勢状態と多動性・衝動性優勢状態に分かれることが多いですが、同等 に目立つ混合状態の方もいます。

参照2:発達障害の特性(代表例)- 厚生労働省   https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/shougaishakoyou/shisaku/jigyounushi/e-learning/hattatsu/characteristic.html

ADHDと人間関係の難しさ

上記のような特徴があることで人間関係に難しさが生じる場合があります。

・注意力の欠如による影響

会話中に集中力が続かず、相手の話を聞き漏らしてしまうことがあります。これにより、誤解や摩擦が生じることがあります。

・多動性による影響

じっとしていられない、落ち着きがないといった行動が、他人に不快感を与えることがあります。

・衝動性による影響

考えずに発言や行動をしてしまうため、相手を傷つけたり誤解を招いたりすることがあります。

日常生活における具体的な困難

・約束や予定を忘れる

時間の管理が苦手で、約束や予定を忘れがちです。これが信頼関係の構築を妨げることがあります。

・感情のコントロールが難しい

衝動的な発言や行動が原因で、友人や家族との関係にひびが入ることがあります。

・社交場面での不安

社交的な場面での振る舞い方がわからず、不安やストレスを感じることがあります。

ADHDに対する対策と改善方法

1.コミュニケーションの工夫

アクティブリスニング:相手の話に集中し、適切なタイミングでフィードバックを行うことで、誤解を減らします。

メモを取る:重要な会話や約束はメモを取り、忘れないようにする習慣をつけます。

視覚的なヒントを活用:会話中に視覚的なヒント(例えば、相手の表情やジェスチャー)を活用し、理解を深めるよう努めます。

2.感情のコントロール

マインドフルネスと瞑想:日常的にマインドフルネスや瞑想を取り入れ、感情のコントロールを学びます。

リラクゼーション技術の習得:深呼吸やストレッチなど、リラックスするための技術を習得し、ストレスを感じたときに実践します。

カウンセリングやセラピー:専門家のサポートを受け、感情のコントロール方法を学びます。

3.タイムマネジメント

スケジュール管理:カレンダーやリマインダーを活用し、予定や約束を忘れないようにします。

タスクの優先順位付け:重要なタスクを優先し、効率的に時間を使うよう心がけます。

定期的な振り返り:定期的にスケジュールを振り返り、改善点を見つける習慣をつけます。

4.社交スキルの向上

ロールプレイ:友人や家族と一緒にロールプレイを行い、社交的な場面での振る舞い方を練習します。

フィードバックの受け入れ:他人からのフィードバックを素直に受け入れ、改善点を見つけます。

社交的な活動に参加:社交的なイベントやグループに積極的に参加し、実践を通じてスキルを磨きます。

ADHDを持つ家族や友人のサポート方法

1.理解と共感

ADHDに関する知識を深める:ADHDについて学び、特性や困難を理解します。

共感的な態度を持つ:ADHDの人が感じる困難に対して共感的な態度を持ち、サポートを提供します。

2.コミュニケーションの改善

明確な指示を出す:指示やお願いをする際には、具体的で明確な言葉を使います。

ポジティブなフィードバック:良い行動や成果に対してポジティブなフィードバックを行い、自己肯定感を高めます。

3.サポートシステムの活用

専門家のサポート:カウンセラーやコーチのサポートを受け、効果的な対策を講じます。

支援グループ:支援グループに参加し、他のADHDの人々やその家族との情報交換を行います。

ADHDと人間関係を改善するための長期的な方法

1.持続的な学習と成長

継続的な教育:ADHDに関する最新の研究や情報を学び続けることが重要です。

自己啓発:自己啓発書やセミナーを通じて、自己改善の方法を学びます。

2.健康的なライフスタイル

バランスの取れた食事:健康的な食事は、精神的および身体的な健康をサポートします。

定期的な運動:運動はストレスを軽減し、ポジティブなエネルギーを高めます。

十分な睡眠:質の良い睡眠を確保することで、集中力と感情の安定を維持します。

3.強固なサポートネットワークの構築

信頼できる友人や家族:信頼できる友人や家族との強固な関係を築き、支援を受けることが大切です。

専門家のサポート:必要に応じて、専門家のサポートを受けることを躊躇しないことが重要です。

まとめ

今回はADHDと人間関係の難しさについてお伝えしてきました。ADHDは人間関係に多くの困難をもたらす障害ですが、適切な対策とサポートを通じて、これらの困難を克服することができます。コミュニケーションの工夫、感情のコントロール、タイムマネジメント、社交スキルの向上など、具体的な方法を実践することで、人間関係を改善し、より良い生活を送ることが可能です。また、家族や友人の理解とサポートも、ADHDを持つ人々にとって重要な役割を果たします。

私たち就労移行支援事業所COCOCARAでは、障害等の事情があって就職・再就職に悩んでいる方に対して、相談や就職準備、アドバイスなどのサポートを行なっています。「障害があるから仕事が見つからない…」などのお悩みを抱えている方は、一度相談に来てみてはいかがでしょうか。

見学・体験へのお申込み・相談は ☆

電話

 池袋オフィス 03-5980-8834
 板橋オフィス 03-5944-1126
 所沢オフィス 04-2941-4884
(電話受付時間 平日9時30分~18時)

メール(件名にブログ経由で問合せと入れていただくと、問い合わせがスムーズです)

support@cccara.com
(件名にブログ経由で問合せと入れていただくと、問い合わせがスムーズです)

ホームページ

https://cccara.com/

からもお気軽にご相談くださいませ🐨

メールでのご相談は、下記項目から可能な範囲で共有いただけますと幸いです。
(1)お名前
(2)性別
(3)お住まい(住所)
(4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可)
(5)診断名(任意)
(6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると幸いです)
(7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

障害者雇用を目指す方の為のおすすめ転職エージェント一覧!

板橋区・北区で動画編集やWebデザインなどのITに特化した就労移行支援

障害者の方が利用しやすいおすすめ求人サイト6選を比較

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #東武東上線 #都営三田線 #COCOCARA #障害者雇用 #板橋 #所沢 #所沢市 #所沢駅 #所沢駅すぐ #所沢駅近 #西武線 #新宿線 #池袋線 #ここあら

関連記事

  1. 夏バテと冷房病の対策~健康な夏を過ごすために~

  2. うつ病は自力で直せるのか

  3. 他にも色んなブログが盛りだくさん!※今日は所沢事業所から

PAGE TOP