誰もが、今ココカラ挑戦できる場所

LINE問合せ
WEB問合せ
電話問合せ
アクセス
利用者専用
動画サイト
ブログ

もし面接でしくじっているなら見て欲しい

おはこんばんにちは。サービス管理責任者の関でございます。
今現在(5/17の19時)、正直、(素面(しらふ)ないですが、書きます。そういう状態です)承認して貰える保証がないですが(;^ω^)、 もし、就職活動をして、面談や面接でコケている方がいましたら、参考にはならないかもしれないですが、こういう考え方もあるなという参考になれば幸いです。
 俗にいう圧迫面接…、セクハラ面接、パワハラ面…つまり始めから採用する気もなく、落とす前提でやる面接を受けてしまったらの参考になればとは思います。残念ながら、たとえ障害者雇用であっても、ポーズとしてやってますよと示すために、こういう圧迫面接をする事もあるかと思います。ましてやクローズ(一般雇用)なら尚更起きることだと、認めたくはないですが、現実としてあるということは、察して頂けると幸いです。
 これは、自分が障害者福祉の某有名大手、本社が川崎市にある就労移行支援の面接を受けた時の話です。 とにかく、採用する気がなく「なぜ?」ということを繰り返し、関心がなく、圧迫を掛けた面接を受けたことがあります。印象に残っている理由? 面接を途中退場したこと、そして、当時の人事部長と名乗る踏ん反り帰った人…しかも自分と同年代が相手だったので、この方生きてきて2度面接を途中辞退をしてますが、この人が幹部になる人が全国の就労移行支援をやっていると思うと、本当に末期と思う位に怒りを感じました。悪口を言ってはいけないけども、それ位に怒りを今も刻まれていることなのです。 何せ、その人の名刺を、徳川家康でいうなら、「三方ヶ原の戦い」で敗れて肖像画を残した位の状況で残している位なので、如何に怒りが尋常じゃないかが…かな。

 因みに現職(COCOCARA)の責任者にもその話をこぼしている位なので、尋常ではないのは…、想像に容易かな?
 なので、これをもし見ている方に…であれば、もし落ち込みことがあれば、全てに受け皿にはなれないかもしれないけども、理不尽さについては、と思います。 勿論、濃い話もあるので、耐性がないと、拒絶する位の内容もあります。 なので、聞かれないと答えられない内容なのは、…ということで。
 最近、BLOGで取り上げたコミック(故小山田いく『マリオネット師』)の主人公ではないですが、「なめるな、修羅場は潜っていないけども、乗り越える場数は踏んでいる」という心境なのかな。

 正直、支援には時には綺麗事であっても純粋な考えを持てる人も必要だけども、同じくらいに聴きたくない現実も言える悪人も必要かなと思っています。まあ、自分は慣れているし、そういう役目なら貢献できる気もします。
 さあ、月曜日。フラストレーションが無くなるなら、毒を吐いて解決して欲しいと痛感する、サービス管理責任者の関がお送りしました。——————————————————————————————– 見学・体験へのお申込み・相談は 電話 03-5980-8834 (電話受付時間 平日9時30分~18時) メール:info@cccara.com (1)お名前 (2)性別 (3)お住まい(住所) (4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可) (5)診断名(任意) (6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると助かります) (7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #COCOCARA #障害者雇用

関連記事

  1. 引きこもりで病院へ行けない方へ:自分でできる心のケア

  2. 2024年5月の講座(所沢オフィス)

  3. 2024年5月の講座(板橋オフィス)

PAGE TOP