誰もが、今ココカラ挑戦できる場所

LINE問合せ
WEB問合せ
電話問合せ
アクセス
利用者専用
動画サイト
お役立ちコラム

うつ病を治すにはどれくらいかかる?

現代社会において、精神的な健康の問題はますます重要視されています。その中でも、うつ病は広く知られる精神疾患の一つであり、多くの人々が直面している問題の一つです。そしてうつ病になった方の中で、「うつ病は治るの?」「治るまでにどのくらいの期間がかかる?」と不安を抱かれる方も少なくはありません。そこで、今回はうつ病とはどういったものかを見た上で、治療や治療にかかる期間についても詳しく解説していきたいと思います。

うつ病と症状について

うつ病とは、抑うつ状態や無気力感、興味や喜びを失うなどの症状を特徴とする精神疾患です。この症状が継続し、日常生活に支障をきたす場合、うつ病と診断されることがあります。うつ病の原因は単一ではなく、複数の要因が組み合わさって発症することがあります。

また、うつ病の症状は個人によって異なりますが、一般的な症状には以下のようなものがあります。

・持続的な憂鬱感や無気力感

・興味や喜びを感じにくい

・過度の睡眠または不眠

・食欲の変化や体重の増減

・集中力や判断力の低下

・自己価値感の低下

これらの他にも、生活面・人間関係など、さまざまな面で変化が見られます。

主な治療法について

うつ病と診断された場合、多くの方が病院を受診し、処方していただくという薬物治療になると思います。ですが、その他にも治療法はさまざまで、多岐にわたります。うつ病の治療で一番大事なのは自分に合っているかどうかです。ここではその治療法について見ていきたいと思います。

①薬物療法

 抗うつ薬や抗不安薬などの薬物を使用して、うつ病の症状を軽減します。

②心理療法

 認知行動療法や対人関係療法など、心理的なアプローチを用いて、うつ病の原因や症状に対応します。

③生活習慣の改善

 適切な睡眠、バランスの取れた食事、適度な運動など、健康的な生活習慣の導入が重要です。

④サポートグループやカウンセリング

 他の人々との交流や専門家の支援を受けることで、精神的なサポートを得ることができます。

これらの治療法を組み合わせることで、多くの方が症状の緩和や生活の改善を実感しています。しかし、うつ病の治療や回復は個人差があり、完全な回復までには時間がかかる場合があります。また一部ではうつ病を慢性的に抱えていることもあります。

しかし、最も重要なことは、うつ病を完全に治すことは可能であるという希望を持つことです。多くの人々が治療とサポートを受けることで、うつ病からの回復を実現しています。

専門家の支援を受けながら、適切な治療法を見つけ、積極的なアプローチを取ることが重要です。また家族や友人の理解とサポートも、回復していく上で重要です。

治療にはどれくらいの期間がかかる?

うつ病が治るまでの期間は、個人や症状の重症度によって異なります。一部の人々は比較的短期間で回復する一方で、他の人々は長期間にわたって治療やサポートを必要とする場合もあります。うつ病の治癒までの過程には多くの要因が影響します。ここでは一般的なパターンと要因について見ていきましょう。

個人の状況と重症度

うつ病の治療と回復には個人の状況や重症度が大きく関与します。軽度のうつ病の場合、比較的短期間で症状が改善し回復することがあります。しかし、重度のうつ病や慢性的なうつ病の場合、回復までには時間がかかることがあります。

治療の適時性と効果

早期に適切な治療を受けることが、うつ病の回復を促進する重要な要素です。薬物療法や心理療法などの治療法を適切に組み合わせることで、多くの人々が症状の改善や回復を実感しています。

生活環境やサポートの有無

家族や友人、専門家のサポートを受けることは、うつ病の回復において非常に重要です。支援体制が整っている場合、回復プロセスがスムーズに進むことがあります。

個人の回復リソースとコーピング

個人の回復リソースやコーピングが、回復までの道のりに大きな影響を与えます。ポジティブな思考、ストレス管理の技術、趣味や興味のある活動への参加など、自己ケアの重要性が強調されます。

完治は可能?

さて上記ではうつ病とその治療について解説していきましたが、うつ病の完治は可能なのでしょうか?結論からお伝えすると、完治するのは難しいです。一般的に、うつ病の方の約7割が3カ月以内に回復すると言われています。ですが再発率は約6割とされており、なかなか完治は難しいというのが現状です。また再発を繰り返すごとに再発率の確率が上がってしまいます。再発を防ぐためにはどうしたら良いか、再発した場合どのような対応が必要になるのか見ていきたいと思います。

再発の原因

うつ病の再発の主な原因として以下のことが挙げられます。

通院/服薬の中断

うつ病の治療には、急性期、回復期、再発予防期の3つの段階があります。特に再発予防期は、うつ病の症状から回復していると感じるため、治療の効果を感じられなくなることが少なくありません。しかし、この時期に「もう大丈夫だろう」と自己判断で通院や服薬をやめることは大変危険です。医師の許可なく治療を中断すると、再発のリスクが高まります。

そのため、自己判断で治療を中止しないことが非常に重要となります。

環境の変化

うつ病のきっかけには環境の変化があることが多いです。職場での就職や昇進によるプレッシャー、引っ越しなど今までと違うことを行わなければならないストレスでうつ症状が出やすくなります。また、女性の場合、出産や閉経で女性ホルモンが減少することもきっかけになります。一見喜ばしく見える場面であっても、人によってはストレスに感じる場合もあります。ストレスをなるべく感じない生活を心がけるのは大切ですが、周囲の人々からのサポートを受けながら乗り越えることが大切です。

周囲理解の不足

うつ病になってしまうと気分が落ち込んでしまい、やる気が起きなくなります。そのため不眠や不眠による昼時の眠気、食欲不振などの症状が出てきます。ただ、これらの症状は周りの人には理解されにくく、「頑張ればできる」「怠けている」と言われてしまうこともあります。

再発を防ぐために

うつ病の再発を防ぐためには、うつ病の原因や症状、治療方法について理解を深めるのが重要です。ストレスコーピングや生活習慣の見直しをするのも再発予防に非常に効果的です。規則正しい生活を送ると自律神経が整いやすくなります。

うつ病再発の兆しとして感情・睡眠の不安定さ、興味・関心・意欲の低下があります。

再発してしまったら

まずは受診しましょう。以前通っていた、または現在通っている医療機関に相談するのがベストです。同じ主治医であれば、以前の状況・症状を把握している為、回復しやすくなります。

まとめ

今回はうつ病の治療についてや治療にかかる期間についてお伝えしてきました。うつ病が治るまでの時間は個人によって異なりますが、適切な治療とサポートを受けることで、多くの人々が回復の道を歩むことができます。希望を持ち、焦らずに治療を継続することが大切です。

私たち就労移行支援事業所COCOCARAでは、障害等の事情があって就職・再就職に悩んでいる方に対して、相談や就職準備、アドバイスなどのサポートを行なっています。「障害があるから仕事が見つからない…」などのお悩みを抱えている方は、一度相談に来てみてはいかがでしょうか。

見学・体験へのお申込み・相談は ☆

こちらのフォーム または🐨

電話

 池袋オフィス 03-5980-8834
 板橋オフィス 03-5944-1126
 所沢オフィス 04-2941-4884
(電話受付時間 平日9時30分~18時)

メール

info@cccara.com

ホームページ:

https://cccara.com/lp/

からもお気軽にご相談くださいませ🐨

メールでのご相談は、下記項目から可能な範囲で共有いただけますと幸いです。
(1)お名前
(2)性別
(3)お住まい(住所)
(4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可)
(5)診断名(任意)
(6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると幸いです)
(7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

障害者雇用を目指す方の為のおすすめ転職エージェント一覧!

板橋区・北区で動画編集やWebデザインなどのITに特化した就労移行支援

障害者の方が利用しやすいおすすめ求人サイト6選を比較

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #東武東上線 #都営三田線 #COCOCARA #障害者雇用 #板橋 #所沢 #所沢市 #所沢駅 #所沢駅すぐ #所沢駅近 #西武線 #新宿線 #池袋線 #ここあら

関連記事

  1. リワークと就労移行支援の違いとは

  2. 所沢の障がい支援施設ガイド             ~地域社会とのつながりを育む~

  3. うつ病が理解できない親と理解されない子供の苦悩

PAGE TOP