誰もが、今ココカラ挑戦できる場所

LINE問合せ
WEB問合せ
電話問合せ
アクセス
利用者専用
動画サイト
お役立ちコラム

アスペルガーの聴覚過敏とは?            ~上手に向き合うコツとは~

こんにちは!COCOCARAスタッフです!

今日はアスペルガー症候群の特徴の中でも東京にいると特につらい「聴覚過敏」についてと、その対策法について理解を深めていきたいと思います。

アスペルガー症候群と仕事

アスペルガー症候群は、自閉症スペクトラム障害(ASD)の一種で、特定の興味や活動に熱中するなどの特徴があります。こだわりの強さで周りの人と連携をして仕事をするのが苦手だったり、締め切りを意識しながら逆算して計画的に仕事をこなす事が苦手だと言われています。逆にそのこだわりを良い方向に生かして、専門職やクリエイティブの業界で活躍する社会人も多くいらっしゃいます!

アスペルガーの数ある特性のこの中でも、聴覚過敏は人の密集する東京では大問題!様々な音につかれて少し外出しただけでもぐったりと消耗し、社会生活に支障をきたす人も少なくありません。今回はそんなアスペルガーの聴覚過敏をお持ちの方が、少しでも生きやすい環境を作るヒントについて詳しく探ってみましょう。

参照:NHK聴覚が過敏「音」で極端に疲れる:困りごとのトリセツ

https://www1.nhk.or.jp/asaichi/hattatsu/torisetsu/cat_hearing.html

聴覚過敏の特徴

アスペルガー症候群の一環として、聴覚過敏はよく見られる特性です。

これは、一般的な刺激に対して過剰に反応しやすい状態を指します。例えば、スーパーや家・職場などで発生する普通の音が非常に騒々しく聞こえたり、人混みや交通の騒音などが過度にストレスを引き起こすことがあります。

聴覚過敏への影響

聴覚過敏は多くの場合、日常生活に深刻な影響を与える事があります。

騒音により集中力を欠如させ、学校や職場でのパフォーマンスに悪影響を与えたり、人ごみの中にいるだけで体力や精神力を消耗したり、電車に乗るだけで体調が悪くなり、出勤できない事から会社を辞めることになったり…

また、騒音に対する蓄積したストレスはうつ病を引き起こすこともあります。

アスペルガーの聴覚過敏の特徴

騒音への過敏性

 一般的な環境音や突然の音に対して、過敏に反応することがあります。例えば、騒がしい場所や急に大きな音がした場合に、不安や緊張を感じたり、パニックになる事も。

特定の音に対する過敏性

特定の音に対して過敏に反応してしまいます。例えば、爆竹の音や火薬の匂い、または金属音など、特定の刺激に限り苦手という人も多いようです。

身体的な反応

聴覚過敏による反応は、不快感だけではなく身体的な痛みを伴うことがあります。耳が痛い・めまいや頭痛など症状は様々ですが、その症状により、耳を塞ぐ・うるさい場所から逃げる・身体を震わせるなどの行動が見られることがあります。

アスペルガーの聴覚過敏に対する向き合い方

アスペルガーの聴覚過敏には、上手に向き合うためのいくつかのコツがあります。

これらのコツを理解し、実践することで、日常生活を少しずつ楽なものにしていきましょう。

感覚過敏のトリガーを理解

まず、個々の感覚過敏のトリガーを理解を深めると、おのずとその対処法が見えてきます。例えば騒音が気になる方は、ノイズキャンセラー着きのイヤホンで軽減できるかもしれません。人混みが苦手な方は会社と相談し、出勤時間をずらすことで解決できることも。特定の音が苦手な方は、その音の発生源を避けましょう。その音が職場の人から発生する場合は、職場に自分の特性をオープンにして、話し合うことも重要です。

リラックス法の習得

ストレス軽減のテクニックを学ぶことも重要です。また専門家の支援を受けることも考慮しましょう。認知行動療法やセンサリー・インテグレーション・セラピーなどが最近は様々な有効なアプローチがあります!自分に合うものが見つけられれば、特性と上手く生きていくことに大いに役立ちますよ!

ストレスや不安を軽減するためのリラックス法としては、深呼吸や瞑想・マインドフルネスなどのテクニックを取り入れることで、リラックスし、感覚過敏をコントロールできるようになった事例もあります。

コミュニケーションの円滑化

アスペルガーの人々は、コミュニケーションにおいて誤解や不安を抱えやすい傾向があります。そのため、周囲の人々とのコミュニケーションを円滑にするためには、自分の感覚過敏についてオープンに話すことが重要です。

相手に自分の状況を理解してもらうことで、お互いにとって心地よいコミュニケーション方法の取り方を模索することで、ストレスなく長く働くこのとできる環境を手にレましょう!

まとめ部分

アスペルガーの聴覚過敏は、日常生活においてさまざまな挑戦がありますが、適切な対処法を身につけることで、その影響を軽減することができます。

環境を整えたり、リラックス法を身につけたり、コミュニケーションを円滑にすることで、より健康的で充実した生活を送ることができます。

そして、もう一つ大事なのが、周りからの理解です。一人で抱え込みがちですが、それだとあっという間に摩耗して、結局長く安定して働くことが困難になります。

勇気を持ってオープンにし、お互い模索しあいながら、みんなが心地よい環境を作っていきましょう!

この記事が、アスペルガー症候群の聴覚過敏に関する理解を深め、適切な対処法を見つける手助けとなれば幸いです。

もう一つの選択肢、就労移行支援事業所の利用

聴覚過敏にお悩みの方は、周りにも配慮してもらいながら働く事で、結果安定して長く働くことへの近道になる事も。

ストレスのない環境で、ご自身の得意分野を生かし、イキイキと働く。

就労移行支援事業を利用する事で、そんな職場を見つける事も出来ます!

就労移行支援事業所とは

HSP・うつ病・ADHD・適応障害・発達障害などの、生きずらさを抱えている方が、自分の特性を生かしながらいきいきと働ける場所を見つけていただくために、職業訓練・就労移行支援・生活能力向上を目指した自立訓練(生活訓練)を提供する場所です。

費用は国と自治体が負担してくれます。

※前年の収入等によっては少し自己負担が発生します。(上限37,200円)

見学・体験へのお申込み・相談は ☆

こちらのフォーム または🐨

電話

 池袋オフィス 03-5980-8834
 板橋オフィス 03-5944-1126
 所沢オフィス 04-2941-4884
(電話受付時間 平日9時30分~18時)

メール

info@cccara.com

ホームページ:

https://cccara.com/lp/

からもお気軽にご相談くださいませ🐨

メールでのご相談は、下記項目から可能な範囲で共有いただけますと幸いです。
(1)お名前
(2)性別
(3)お住まい(住所)
(4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可)
(5)診断名(任意)
(6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると幸いです)
(7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

障害者雇用を目指す方の為のおすすめ転職エージェント一覧!

板橋区・北区で動画編集やWebデザインなどのITに特化した就労移行支援

障害者の方が利用しやすいおすすめ求人サイト6選を比較

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #東武東上線 #都営三田線 #COCOCARA #障害者雇用 #板橋 #所沢 #所沢市 #所沢駅 #所沢駅すぐ #所沢駅近 #西武線 #新宿線 #池袋線 #ここあら

関連記事

  1. リワークと就労移行支援の違いとは

  2. 所沢の障がい支援施設ガイド             ~地域社会とのつながりを育む~

  3. うつ病が理解できない親と理解されない子供の苦悩

PAGE TOP