誰もが、今ココカラ挑戦できる場所

LINE問合せ
WEB問合せ
電話問合せ
アクセス
利用者専用
動画サイト
お役立ちコラム

ADHDと仕事: 効果的な対策と克服の道

こんにちは!COCOCARAスタッフです!今回は「ADHD 仕事 対策」をテーマに、ADHDを持つ人が仕事で成功するための具体的な対策やヒントをご紹介します。ADHDの特性を理解し、自分に合った方法を見つけることで、より充実した職場生活を送ることができます。

ADHDとは

まず、ADHDとは注意欠陥・多動性障害のことです。これは、注意力の欠如や多動性、衝動性を特徴とする発達障害の一つです。仕事においては、これらの特性が集中力の維持や時間管理の難しさとして現れることが多いです。しかし、適切な対策を講じることで、ADHDを持つ人々も十分に能力を発揮できます。

仕事におけるADHDの課題と対策

ADHDの方は仕事で悩むことが多いといわれています。ADHDの特性が業務の進行や職場での人間関係に影響を与えることがあります。以下に主な課題を挙げます。

注意力の欠如

ADHDを持つ人は、注意力を持続することが難しいため、長時間同じ作業に集中することが困難です。これにより、細かい作業や単調な仕事が苦手となることがあります。

時間管理の難しさ

時間の感覚が捉えにくく、タスクを期限内に終わらせることが難しい場合があります。締め切りを守ることや、スケジュール通りに進行することが課題となることが多いです。

組織力の欠如

情報やタスクを整理することが苦手で、仕事の優先順位をつけるのが難しい場合があります。デスクが散らかっていたり、必要な資料がすぐに見つからなかったりすることもあります。

多動性・衝動性

落ち着きがなく、じっとしていられないことがあり、会議中にそわそわしたり、無意識に他人の話を遮ったりすることがあります。また、思いつきで行動することが多く、計画的な行動が難しいです。

記憶力の問題

短期記憶が弱く、指示や情報をすぐに忘れてしまうことがあります。これにより、同じミスを繰り返したり、重要なタスクを忘れたりすることがあります。

人間関係のトラブル

ADHDの特性から、コミュニケーションが一方的になったり、感情のコントロールが難しかったりすることがあります。これが原因で、同僚や上司との関係がぎくしゃくすることがあります。

感情の変動

感情の起伏が激しいため、ストレスやフラストレーションを感じやすく、それが仕事のパフォーマンスに影響を与えることがあります。

モチベーションの維持

興味のあることには集中できても、興味のないことには全く手がつかないことがあります。モチベーションを維持することが難しく、成果が安定しないことが課題です。

日々の業務をスムーズに進めるための対策

いくつか課題をあげましたが、これらの課題を克服するためには、適切な支援や対策が必要です。

以下に具体的な対策を紹介します。

注意力の欠如への対策

・ポモドーロ・テクニックを使って、短時間の集中と休憩を繰り返す。

・タスク管理ツールを利用して、進捗を視覚的に管理する。

ポモドーロ・テクニックとは、25分間集中して作業を行い、その後5分間の休憩を取る方法です。このサイクルを繰り返すことで、長時間の作業でも集中力を維持しやすくなります。ADHDを持つ人にとっては、特に効果的な方法です。

時間管理の難しさへの対策

・スケジュールを細かく設定し、リマインダーを活用する。

・大きなタスクを小さなステップに分けて計画する。

一日のスケジュールを細かく作成し、可能な限りそれを守ることが大切です。Googleカレンダーなどのデジタルツールを利用して、リマインダーを設定すると良いでしょう。また、タスクを小分けにして計画すると、達成感を得やすくなります。

組織力の欠如への対策

・デジタルツールを使って情報を整理・管理する。

・作業スペースを定期的に整理する習慣をつける。

タスク管理ツール(TrelloやAsanaなど)やスケジュール管理アプリを活用することで、情報やタスクを整理する手助けになります。

また、必要なものだけをデスクに置き、定期的に整理することで、必要な資料や道具をすぐに見つけられるようにするなど、デスクの整理整頓の大切です。

多動性・衝動性への対策

・会議中はメモを取ることで集中力を維持する。

・フィジカルなアクティビティ(例:デスクでの軽い運動)を取り入れる。

定期的な運動や軽いストレッチを行うことで、エネルギーを発散させ、集中力を高めることができます。例えば、短い休憩時間にストレッチをする、職場での移動を増やすなどが効果的です。

他にも、深呼吸や短い瞑想の時間を持つことで、心を落ち着かせることができます。これにより、衝動的な行動を抑えることができます。

記憶力の問題への対策

・メモを取る習慣をつける。

・チェックリストを活用して重要なタスクを確認する。

重要な情報や指示はすぐにメモを取り、いつでも見返せるようにしておきます。ノートやデジタルツールを活用して、メモを整理する習慣をつけることが大切です。

また、日々のタスクや重要なステップをチェックリストにまとめることで、何をするべきかを明確にし、忘れることを防ぎます。完了した項目にチェックを入れることで達成感も得られます。

人間関係のトラブルへの対策

・定期的なコミュニケーションを心がける。

・フィードバックを積極的に求める。

ADHDを持つ人は、時に自分の考えを伝えるのが難しいと感じることがあります。定期的なミーティングやフィードバックセッションを設けることで、コミュニケーションの機会を増やし、誤解を防ぐことができます。

感情の変動への対策

・リラクゼーション法(瞑想や深呼吸)を取り入れる。

・専門家のサポートを受ける。

瞑想、深呼吸、ヨガなどのリラクゼーション技法を日常に取り入れることで、ストレスを軽減し、感情の安定を図ることができます。

モチベーションの維持への対策

・興味のあるタスクを優先的に取り組む。

・達成感を感じられる短期目標を設定する。

短期的な目標(1日や1週間単位で達成可能な小さな目標)と長期的な目標(数ヶ月から数年先の大きな目標)を設定することで、達成感を感じやすくし、モチベーションを保つことができます。

職場でのサポートを受ける

職場の上司や同僚から配慮をしてもらいたい場合は、以下の手順で行うことができます。

1.問題の特定と理解

まずは、何が労働環境で問題となっているのかを特定し、その理由や影響を理解します。具体的な問題点を明確にすることが重要です。

2.上司や人事部への相談

問題を解決するためには、上司や人事部とコミュニケーションを取ることが必要です。問題を正直に伝え、改善の必要性や具体的な要望を述べます。

3.具体的な提案の準備

労働環境の改善に関する具体的な提案を準備します。例えば、オフィスの配置変更、作業環境の改善、フレキシブルワーキング制度の導入などが挙げられます。

4.ミーティングや面談の設定

上司や人事部とのミーティングや面談を設定し、労働環境の調整について話し合います。この際、提案した内容やその理由を詳細に説明し、共通の理解を深めます。

5.調整と実施

ミーティングや面談での議論を踏まえて、労働環境の調整が行われます。具体的な対策や改善策が決定され、実施されることになります。

6.フィードバックの提供

調整が行われた後は、効果や改善点について定期的にフィードバックを提供します。問題が解決されたか、改善されたかを確認し、必要に応じて追加の対策を検討します。

7.必要に応じたフォローアップ

労働環境の調整が行われた後も、状況をモニタリングし、問題が再発しないように注意を払います。必要に応じて、追加の支援や対策を検討し、改善を継続します。

※参考

厚生労働省 発達障害のある方への職場における配慮事例のご紹介

https://www.mhlw.go.jp/content/000575751.pdf

政府広報オンライン

大人になって気づく発達障害 互いに働きやすい職場づくりのために

https://www.gov-online.go.jp/prg/prg26286.html

まとめ

この記事では、ADHDの方が仕事で抱える課題と、その対策について紹介しました。

ADHDという課題は、適切な対策とサポートを受けることで、克服可能です。自己管理や環境の調整を行いながら、効果的な方法を見つけていくことが大切です。

 ADH‌Dの方々が仕事で自分の能力を最大限に発揮し、充実した職場生活を送るために、これらの対策を実践してみてください。

自分に合った方法を見つけ、前向きに取り組んでいきましょう。応援しています!

見学・体験へのお申込み・相談は ☆

こちらのフォーム または🐨

電話

 池袋オフィス 03-5980-8834
 板橋オフィス 03-5944-1126
 所沢オフィス 04-2941-4884
(電話受付時間 平日9時30分~18時)

メール

info@cccara.com

ホームページ:

https://cccara.com/lp/

からもお気軽にご相談くださいませ🐨

メールでのご相談は、下記項目から可能な範囲で共有いただけますと幸いです。
(1)お名前
(2)性別
(3)お住まい(住所)
(4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可)
(5)診断名(任意)
(6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると幸いです)
(7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

障害者雇用を目指す方の為のおすすめ転職エージェント一覧!

板橋区・北区で動画編集やWebデザインなどのITに特化した就労移行支援

障害者の方が利用しやすいおすすめ求人サイト6選を比較

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #東武東上線 #都営三田線 #COCOCARA #障害者雇用 #板橋 #所沢 #所沢市 #所沢駅 #所沢駅すぐ #所沢駅近 #西武線 #新宿線 #池袋線 #ここあら

関連記事

  1. 夏バテと冷房病の対策~健康な夏を過ごすために~

  2. うつ病は自力で直せるのか

  3. 他にも色んなブログが盛りだくさん!※今日は所沢事業所から

PAGE TOP