誰もが、今ココカラ挑戦できる場所

LINE問合せ
WEB問合せ
電話問合せ
アクセス
利用者専用
動画サイト
お役立ちコラム

トライアル雇用とは

トライアル雇用制度は、求職者と企業の双方にとって有益な雇用形態です。求職者が実際の職場環境で自分の適性や能力を確認し、企業側も候補者の能力や適性を見極める期間を提供します。特に、未経験者や職業能力に不安を抱える求職者にとって、この制度は非常に有効です。この記事では、トライアル雇用の対象者に焦点を当て、そのメリットや具体的な支援内容について詳しく解説します。

トライアル雇用の基本

トライアル雇用とは?

トライアル雇用は、一定期間の試用を経て、正式雇用を目指す雇用形態です。この制度は、厚生労働省が推進しており、求職者と企業のマッチングを支援するために設けられています。具体的には、一定期間(通常3ヶ月)を試用期間とし、その間に求職者と企業が互いの適性や業務内容を確認し合います。

トライアル雇用の目的

・求職者が自身の能力を実際の職場で確認する

・企業が求職者の適性や仕事への適応能力を評価する

・双方がミスマッチを防ぎ、長期的な雇用関係を築く

トライアル雇用の対象者

未経験者

・特徴と支援内容

未経験者は、新しい職種や業界への挑戦を希望する場合、トライアル雇用を活用することができます。企業は未経験者を育成する意欲があり、求職者に対しては基礎からの教育や研修を提供します。

・メリット

実際の職場環境で仕事を学べる

業界や職種の具体的な知識やスキルを身につける

企業側も長期的に成長を見込んで育成できる

長期失業者

・特徴と支援内容

長期間失業している方もトライアル雇用の対象です。長期失業者には、最新の業務スキルや職場環境への適応が必要とされることが多く、トライアル雇用期間を通じてこれを支援します。

・メリット

徐々に職場に復帰し、職場環境に慣れることができる

最新のスキルや知識を現場で学べる

自信を取り戻す機会になる

障がいをお持ちの方

・特徴と支援内容

障がい者もトライアル雇用の重要な対象者です。障がい者雇用促進法に基づき、企業は障がい者の雇用を推進する義務があります。この制度を利用することで、障がい者が自分のペースで職場に適応しやすくなります。

・メリット

自分に適した職場環境や業務内容を見つけやすい

企業が配慮や支援をしながら業務に取り組むことができる

障がい者の職業適応能力を高める

若年者(フリーター・新卒未就職者)

・特徴と支援内容

フリーターや新卒未就職者もトライアル雇用の対象です。これらの若年者は、安定した雇用を目指しており、トライアル雇用を通じて職業経験を積むことができます。

・メリット

職業経験が少ない若年者にとって、実務経験を積む良い機会

自分に合った職種や業界を見極めることができる

企業は若年者の柔軟性や新しい視点を活用できる

キャリアチェンジ希望者

・特徴と支援内容

既に職業経験があるが、異なる業界や職種に挑戦したいキャリアチェンジ希望者も対象です。新しい分野での適性を確認するための試用期間として活用できます。

・メリット

異業種へのスムーズな移行をサポート

新しいスキルや知識を実務を通じて学ぶことができる

自分のキャリアパスを広げる機会

トライアル雇用の具体的な支援内容

・経済的支援

トライアル雇用を導入する企業には、一定の経済的支援が提供されます。例えば、厚生労働省のトライアル雇用助成金があります。これにより、企業は求職者の試用期間中の賃金の一部を補助され、経済的な負担を軽減することができます。

・教育と訓練

企業はトライアル雇用期間中に、求職者に対して必要な教育と訓練を提供します。これには、業務に関する基礎的な知識から、専門的なスキルまでが含まれます。教育訓練計画を策定し、計画的に求職者のスキルアップを図ります。

・メンター制度

トライアル雇用期間中、企業はメンターを設けることが推奨されます。メンターは、求職者が職場に適応するためのサポートを行い、仕事に関する疑問や不安を解消する役割を果たします。

・フィードバックの提供

定期的なフィードバックを通じて、求職者の進捗状況を確認し、必要な改善点や強化すべきスキルを明確にします。これにより、求職者は自分の成長を実感しやすくなり、モチベーションを維持できます。

トライアル雇用のメリットとデメリット

求職者にとってのメリット

1.実務経験を積むことができる

トライアル雇用期間中に実際の業務を経験することで、求職者は職場の雰囲気や業務内容を直接学ぶことができます。これにより、職務内容の理解が深まり、スキルアップにつながります。

2.自身の適性や能力を確認できる

新しい職種や業界に挑戦する際、自分がその仕事に適しているかどうかを実際に体験することで確認できます。これにより、自分に合った職場を見つけやすくなります。

3.正規雇用の可能性が高まる

トライアル期間中に能力や適性が評価されれば、正式雇用への道が開かれます。企業も試用期間中に求職者のパフォーマンスを見極めるため、採用のハードルが下がります。

4.経済的な支援を受けられる

トライアル雇用を導入している企業には、厚生労働省から助成金が支給されるため、求職者は一定の経済的支援を受けることができます。これにより、求職活動の経済的負担を軽減できます。

5.メンター制度の利用

多くの企業では、トライアル雇用期間中にメンターを設けてサポートを行います。メンターのサポートを受けることで、業務に関する疑問や不安を解消しやすくなります。

求職者にとってのデメリット

1.正規雇用に至らないリスク

トライアル期間終了後、必ずしも正規雇用につながるわけではありません。企業が求職者のパフォーマンスを評価しない場合、再度求職活動を行わなければならない可能性があります。

2.トライアル期間中の給与が低い場合がある

トライアル雇用期間中の給与は、通常の正社員の給与よりも低く設定されていることが多いです。そのため、経済的な不安を感じる場合があります。

3.試用期間中のプレッシャー

トライアル期間中は、自分の能力や適性を証明する必要があるため、プレッシャーがかかることがあります。このプレッシャーがストレスとなり、パフォーマンスに影響を及ぼす可能性があります。

4.企業文化との不一致

実際に働いてみることで、企業文化や職場環境が自分に合わないと感じる場合があります。この場合、トライアル期間中に辞退するか、再度求職活動を行う必要があります。

5.トライアル終了後の不安

トライアル期間終了後に正規雇用に至らなかった場合、再度の求職活動に対する不安が生じることがあります。また、トライアル期間が終了する直前にその不安が増大することもあります。

企業にとってのメリット

1.ミスマッチのリスク軽減

トライアル期間中に求職者の適性や能力を見極めることができるため、正規雇用後のミスマッチを防ぐことができます。これにより、早期退職やパフォーマンスの低下を防止し、安定した人材確保が可能になります。

2.人材育成コストの削減

試用期間中に求職者の能力や適性を確認することで、採用後の育成コストを削減できます。適性がある人材のみを正規雇用することで、効率的な人材育成が可能になります。

3.助成金の活用

厚生労働省は、トライアル雇用を導入する企業に対して助成金を提供しています。この助成金を活用することで、企業の経済的負担を軽減できます。

4.企業イメージの向上

トライアル雇用を積極的に活用する企業は、求職者に対して透明性が高く、公正な採用プロセスを提供する企業としてのイメージを向上させることができます。これにより、優秀な人材を引き寄せることができます。

5.多様な人材の採用

トライアル雇用制度を利用することで、これまで採用をためらっていた異業種出身者や未経験者も積極的に採用することができます。多様なバックグラウンドを持つ人材を試用し、その適性を確認することで、企業の人材ポートフォリオを多様化できます。

企業にとってのデメリット

1.トライアル期間中の管理コスト

トライアル期間中は、求職者の適性や能力を評価するために、指導やサポートが必要です。これにより、管理コストが増加することがあります。

2.正規雇用に至らない場合の再採用コスト

トライアル期間終了後に求職者が正規雇用に至らなかった場合、再度採用活動を行う必要があります。これにより、採用コストや時間が増加することがあります。

3.求職者のモチベーション管理

トライアル期間中の求職者は、正規雇用に対する不安やプレッシャーを感じることがあります。このため、モチベーションの管理が難しい場合があります。

4.社内の人間関係の調整

トライアル期間中に新しい求職者が加わることで、既存の社員との人間関係の調整が必要になることがあります。これにより、一時的に職場の雰囲気が不安定になる可能性があります。

5.トライアル期間中のリスク

トライアル期間中に求職者が期待通りのパフォーマンスを発揮できなかった場合、企業にとっては投資に見合わない結果となるリスクがあります。このリスクをどのように管理するかが課題となります。

まとめ

今回はトライアル雇用についてお伝えしてきました。トライアル雇用は、求職者と企業の双方にとって多くのメリットをもたらす制度です。特に未経験者や長期失業者、障がい者、若年者、キャリアチェンジ希望者など、さまざまなバックグラウンドを持つ求職者にとって、自己の適性や能力を確認し、安心して職場に適応するための重要な手段となります。また、企業にとっても、求職者の適性や能力を実際の業務を通じて確認できるため、長期的な雇用リスクを軽減し、ミスマッチを防ぐ効果があります。今後もトライアル雇用制度のさらなる普及と発展が期待され、多様な働き方を推進する上でも重要な役割を果たすでしょう。

私たち就労移行支援事業所COCOCARAでは、障害等の事情があって就職・再就職に悩んでいる方に対して、相談や就職準備、アドバイスなどのサポートを行なっています。「障害があるから仕事が見つからない…」などのお悩みを抱えている方は、一度相談に来てみてはいかがでしょうか。

見学・体験へのお申込み・相談は ☆

電話

 池袋オフィス 03-5980-8834
 板橋オフィス 03-5944-1126
 所沢オフィス 04-2941-4884
(電話受付時間 平日9時30分~18時)

メール(件名にブログ経由で問合せと入れていただくと、問い合わせがスムーズです)

support@cccara.com
(件名にブログ経由で問合せと入れていただくと、問い合わせがスムーズです)

ホームページ

https://cccara.com/

からもお気軽にご相談くださいませ🐨

メールでのご相談は、下記項目から可能な範囲で共有いただけますと幸いです。
(1)お名前
(2)性別
(3)お住まい(住所)
(4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可)
(5)診断名(任意)
(6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると幸いです)
(7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

障害者雇用を目指す方の為のおすすめ転職エージェント一覧!

板橋区・北区で動画編集やWebデザインなどのITに特化した就労移行支援

障害者の方が利用しやすいおすすめ求人サイト6選を比較

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #東武東上線 #都営三田線 #COCOCARA #障害者雇用 #板橋 #所沢 #所沢市 #所沢駅 #所沢駅すぐ #所沢駅近 #西武線 #新宿線 #池袋線 #ここあら

関連記事

  1. 夏バテと冷房病の対策~健康な夏を過ごすために~

  2. うつ病は自力で直せるのか

  3. 他にも色んなブログが盛りだくさん!※今日は所沢事業所から

PAGE TOP