誰もが、今ココカラ挑戦できる場所

LINE問合せ
WEB問合せ
電話問合せ
アクセス
利用者専用
動画サイト
お役立ちコラム

自立支援医療とは

自立支援医療は、日本の福祉制度の一環として、障害を持つ人々がより自立した生活を送るために必要な医療費の負担を軽減するための制度です。この記事では、「自立支援医療とは?」という基本的な質問に対し、制度の概要、対象者、申請方法、利用する上でのメリット・デメリットなどを詳しく説明していきます。

自立支援医療とは

自立支援医療は、精神障害者や身体障害者、難病患者などの医療費負担を軽減するための制度です。この制度は、障害を持つ人々がより自立した生活を営むために必要な医療を受けやすくすることを目的としています。

自立支援医療の種類

自立支援医療には大きく分けて3つの種類があります。それぞれの種類について詳しく見ていきましょう。

精神通院医療

精神通院医療は、精神障害を持つ人が通院して治療を受ける際に、その医療費の自己負担額を軽減する制度です。精神科の通院治療を継続的に受ける必要がある人が対象となります。

【主な治療内容】

・カウンセリング

・投薬治療

・精神科デイケア

・作業療法

【具体的な支援内容】

・精神科デイケア:日中活動を支援し、社会復帰を目指すためのプログラムです。

・カウンセリング:定期的なカウンセリングを受けることで、精神的な安定を図ります。

・投薬治療:必要な薬の処方と服用管理を行います。

・作業療法:日常生活の中での作業や活動を通じて、社会適応力を高める訓練を行います。

更生医療

更生医療は、身体障害者が障害の軽減や日常生活の自立を目的とした医療を受ける際に、その医療費を補助する制度です。具体的には、義肢装具の作成や装着、内科的手術などが含まれます。

【主な治療内容】

・義肢装具の作成および装着

・内科的手術

・視力矯正手術

・聴力改善手術

【具体的な支援内容】

・義肢装具の作成・装着:義足や義手、装具の作成や調整を行います。

・内科的手術:心臓手術や腎臓手術など、内臓の治療を目的とした手術です。

・視力矯正手術:白内障手術や角膜移植など、視力の改善を目的とした手術です。

・聴力改善手術:人工内耳の埋め込みや耳鼻科手術など、聴力の改善を目的とした手術です。

育成医療

育成医療は、18歳未満の身体障害児が対象で、障害の軽減や将来的な自立を目指した医療費を補助する制度です。手術やリハビリテーションなどの治療費が対象となります。

【主な治療内容】

・先天性心疾患の手術

・骨の発育を支援する手術

・視力・聴力の改善手術

・リハビリテーション

【具体的な支援内容】

・先天性心疾患の手術:心臓に関わる先天性の疾患を治療するための手術です。

・骨の発育を支援する手術:骨の成長や発育に関わる手術を行います。

・視力・聴力の改善手術:視力や聴力を改善するための手術や治療を行います。

・リハビリテーション:身体機能の向上や維持を目的としたリハビリテーションプログラムを提供します。

自立支援医療の対象者

・精神通院医療の対象者

精神通院医療の対象者は、精神疾患を持ち、医療機関で通院治療を受けている人です。具体的には、統合失調症、うつ病、双極性障害、強迫性障害などの精神疾患が含まれます。

・更生医療の対象者

更生医療の対象者は、身体障害者手帳を持つ18歳以上の身体障害者です。対象となる障害には、視覚障害、聴覚・平衡機能障害、音声・言語・咀嚼機能障害、肢体不自由、心臓・腎臓・呼吸器・膀胱・直腸・小腸の障害、免疫機能障害などが含まれます。

・育成医療の対象者

育成医療の対象者は、身体障害児手帳を持つ18歳未満の子供です。対象となる障害には、先天性心疾患、先天性股関節脱臼、先天性四肢欠損などが含まれます。

自立支援医療の申請方法

自立支援医療を利用するためには、各自治体の福祉事務所や保健所で申請手続きを行う必要があります。以下は、申請の基本的な流れです。

1.必要書類の準備

申請には以下の書類が必要です。

・自立支援医療申請書

・診断書(医療機関で発行)

・身体障害者手帳または精神障害者保健福祉手帳のコピー

・健康保険証のコピー

・住民票の写し(自治体によって異なる場合があります)

2.書類の提出

必要書類を揃えたら、居住地の福祉事務所や保健所に提出します。自治体によっては郵送でも受け付けている場合がありますので、事前に確認しましょう。

3.審査と決定

提出された書類をもとに、自治体の審査が行われます。審査には数週間から数ヶ月かかることがあります。審査が終了すると、結果が通知されます。

4.自立支援医療受給者証の発行

審査に通過すると、自立支援医療受給者証が発行されます。この受給者証を持って、指定の医療機関や薬局で提示することで、医療費の負担軽減が受けられます。

自立支援医療を利用する上でのメリット

1.医療費の負担軽減

経済的負担の軽減

自立支援医療制度を利用することで、自己負担額が1割に軽減されます。特に高額な医療費がかかる治療を受ける場合、この制度は大きな経済的支援となります。

高額療養費制度の適用

自立支援医療を利用する場合、高額療養費制度の適用も受けられるため、1か月の医療費負担が一定の上限を超えた場合、超過分が支給されます。これにより、医療費の負担がさらに軽減されます。

2.継続的な治療の促進

安定した治療の継続

経済的な理由で治療を中断することなく、継続的に医療を受けることができます。特に精神疾患や慢性疾患の治療においては、継続的な治療が必要となるため、このメリットは重要です。

早期治療の実現

早期に治療を開始することで、症状の悪化を防ぎ、早期回復が期待できます。自立支援医療を利用することで、費用の心配を減らし、早期治療に踏み切ることが容易になります。

3.生活の質の向上

精神的安定

医療費の負担が軽減されることで、経済的な不安が減少し、精神的にも安定した状態を保つことができます。これは特に精神通院医療の利用者にとって大きなメリットです。

身体機能の改善

更生医療や育成医療を利用することで、身体機能の改善や発育支援が受けられ、日常生活の質が向上します。義肢や装具の提供、リハビリテーションの実施により、より自立した生活が可能となります。

4.社会参加の促進

就労支援

身体や精神の健康を維持し、適切な治療を受けることで、就労の機会が広がります。特に精神通院医療の利用者にとって、安定した精神状態を保つことで、社会復帰や就労が促進されます。

社会活動の参加

治療を受けることで身体機能や精神状態が改善され、社会活動への参加が容易になります。これにより、社会的孤立を防ぎ、充実した生活を送ることができます。

5.家族の負担軽減

経済的支援

自立支援医療を利用することで、家族の医療費負担が軽減されます。これにより、家計への負担が減少し、他の生活費や教育費に充てることができます。

介護負担の軽減

更生医療や育成医療を利用することで、身体機能の改善が期待でき、家族の介護負担が軽減されます。これにより、家族全体の生活の質が向上します。

6.専門的な治療の受診

専門医による診療

自立支援医療を利用することで、専門医による診療や治療を受けやすくなります。専門的な治療を受けることで、症状の改善が期待できます。

専門施設の利用

自立支援医療の対象となる医療機関は、専門的な治療を提供する施設が多く含まれます。これにより、質の高い医療サービスを受けることができます。

7.手続きの簡便さ

申請手続きのサポート

自立支援医療の申請手続きは、市区町村の福祉事務所や保健所で行われます。専門の職員が手続きのサポートを行うため、申請者は安心して手続きを進めることができます。

更新手続きの案内

自立支援医療の利用には定期的な更新手続きが必要ですが、自治体からの案内があるため、忘れずに手続きを行うことができます。

自立支援医療を利用する上でのデメリット

1.手続きの煩雑さ

申請手続きの負担

自立支援医療を利用するためには、申請書類を準備し、自治体の窓口で手続きを行う必要があります。この手続きは煩雑であり、初めての利用者にとっては難しいと感じることが多いです。

更新手続きの必要性

自立支援医療の認定は有効期限があり、定期的に更新手続きを行う必要があります。更新手続きには医師の診断書や新たな書類が必要となり、その準備や提出に手間がかかります。

2.制度の対象制限

対象医療の制限

自立支援医療の対象となる医療は限られており、すべての治療が対象になるわけではありません。特に、特定の薬剤や治療法が対象外の場合、その費用は自己負担となります。

医療機関の制限

自立支援医療制度を利用できる医療機関は限られており、利用者が希望する医療機関での治療が受けられない場合があります。特に地方に住んでいる場合、近隣に対象医療機関がないことがデメリットとなります。

3.経済的負担の残存

1割負担の継続

自立支援医療を利用しても、自己負担額が完全に無料になるわけではなく、1割の負担は残ります。このため、特に長期的な治療や高額な医療費がかかる場合、その負担が経済的に重くのしかかることがあります。

高額療養費制度の適用

高額療養費制度が適用される場合でも、一定額の医療費を支払う必要があるため、完全に医療費負担がなくなるわけではありません。特に低所得世帯にとっては、この負担が依然として大きい場合があります。

4.精神的負担

書類準備のストレス

申請や更新手続きに必要な書類を準備する過程で、精神的なストレスを感じることがあります。特に、精神疾患を抱えている場合、手続き自体が大きな負担となることがあります。

繰り返しの診断書取得

定期的な更新のために医師の診断書が必要となりますが、これが精神的負担となる場合があります。また、診断書の取得には費用がかかる場合があり、経済的負担とともにストレスとなります。

5.制度の理解不足

制度の複雑さ

自立支援医療制度は複雑であり、利用者が制度の詳細を理解するのが難しいことがあります。誤解や不理解が原因で、適切に利用できない場合があります。

サポートの不足

制度に関する情報提供やサポートが十分でない場合があり、特に高齢者や障害者本人が手続きに困難を感じることがあります。適切なサポートが得られない場合、手続きが滞ることがあります。

6.プライバシーの懸念

個人情報の提供

自立支援医療を利用するためには、詳細な個人情報や医療情報を提供する必要があります。これにより、プライバシーの侵害や情報漏洩のリスクが懸念される場合があります。

公的機関への申請

自治体や医療機関に対して個人情報を提供することで、情報管理に対する不安が生じることがあります。特に精神疾患の場合、病歴や診断内容が外部に漏れることに敏感な場合があります。

まとめ

今回は自立支援医療についてお伝えしてきました。自立支援医療は、障害を持つ人々がより自立した生活を営むために必要な医療費の負担を軽減する重要な制度です。精神通院医療、更生医療、育成医療の3つの種類があり、それぞれ対象者や支援内容が異なります。利用する上でのメリットとしては、医療費の負担軽減や継続的な治療の受けやすさが挙げられますが、手続きの煩雑さや一部負担の発生などのデメリットも存在します。自立支援医療を効果的に利用するためには、最新情報の把握や支援団体の活用が重要です。

私たち就労移行支援事業所COCOCARAでは、障害等の事情があって就職・再就職に悩んでいる方に対して、相談や就職準備、アドバイスなどのサポートを行なっています。「障害があるから仕事が見つからない…」などのお悩みを抱えている方は、一度相談に来てみてはいかがでしょうか。

見学・体験へのお申込み・相談は ☆

電話

 池袋オフィス 03-5980-8834
 板橋オフィス 03-5944-1126
 所沢オフィス 04-2941-4884
(電話受付時間 平日9時30分~18時)

メール(件名にブログ経由で問合せと入れていただくと、問い合わせがスムーズです)

support@cccara.com
(件名にブログ経由で問合せと入れていただくと、問い合わせがスムーズです)

ホームページ

https://cccara.com/

からもお気軽にご相談くださいませ🐨

メールでのご相談は、下記項目から可能な範囲で共有いただけますと幸いです。
(1)お名前
(2)性別
(3)お住まい(住所)
(4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可)
(5)診断名(任意)
(6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると幸いです)
(7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

障害者雇用を目指す方の為のおすすめ転職エージェント一覧!

板橋区・北区で動画編集やWebデザインなどのITに特化した就労移行支援

障害者の方が利用しやすいおすすめ求人サイト6選を比較

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #東武東上線 #都営三田線 #COCOCARA #障害者雇用 #板橋 #所沢 #所沢市 #所沢駅 #所沢駅すぐ #所沢駅近 #西武線 #新宿線 #池袋線 #ここあら

関連記事

  1. 夏バテと冷房病の対策~健康な夏を過ごすために~

  2. うつ病は自力で直せるのか

  3. 他にも色んなブログが盛りだくさん!※今日は所沢事業所から

PAGE TOP