誰もが、今ココカラ挑戦できる場所

LINE問合せ
WEB問合せ
電話問合せ
アクセス
利用者専用
動画サイト
お役立ちコラム

自閉症と共に生きる人の働くことの難しさとは?上手に働くコツも解説!|IT特化型就労移行支援事業所COCOCARA

自閉症と共に生きる人の働くことの難しさとは?上手に働くコツも解説!

自閉症スペクトラム障害(ASD)と共に生きる人たちは、

  • 対人コミュニケーションに困難さがある。
  • リズムやパターンなどに強いこだわりがある。
  • 知的な障害はないが、特定の学習に困難さがある。

などの特徴があります。

一方で信頼できる人がサポートするなどの環境が整っている場合、芸術など特定の分野で大変な業績を残すことも珍しくありません。

そんな自閉症の人たちが上手に働くコツについて解説していきます。

自閉症スペクトラム障害(ASD)の人の対人関係にはどんな特徴があるの?

現在では自閉症をスペクトラムで捉えるようになってきました。そのため、同じ病気と思えないほど対人関係においても症状に幅があります。

自閉症の対人関係における4つのタイプとは?

1.孤立型

このタイプは他人に興味を持つことが困難です。1人で行動することが多く孤立しているように見えますが、本人はそのことに苦痛を感じてはいません。

孤立しているのは寂しいのではと気遣って、コミュニケーションを試みても気遣った人と視線を合わさないなどの行動がみられます。

2.受動型

孤立型の人と同様に自分から積極的に他人と関わろうとはしません。けれど、周囲の人から働きかけると素直に応じます。ただ、その際本当に本人が望んでいるわけでもないことが多く、ストレスを抱えながら受け入れ続けることがやがて本人を苦しめることになります。

極端な場合では社会的に望ましくない行動であっても他人から望まれると受け入れてやってしまうこともあります。

3.積極奇異型

人と関わることに積極的なタイプです。関わり方に特徴があり、他人からは奇異に感じられます。例えば他人のプライバシーに対する質問を繰り返し行ったりします。

現在の相手と自分との親密さや信頼の度合いを見極めることが出来ず、結果他人から疎まれてしまう場合があります。

4.尊大型

このタイプには知的な能力が高く、論理構成力も秀でた人が多いです。

ここで確認しておきますが、自閉症を現在ではスペクトラムで捉えます。そのため、知的な能力には極端に幅があります。知的な遅れがみられる人もいます。一方で、知的には大変秀でている人も沢山います。

尊大型の人は自分の秀でた力が人を追い込んで苦しめていることに気づけないところがあります。本人はあくまでも間違った考えの相手を正そうとしているだけです。けれどその態度と接する相手に心理的な苦痛を生じさせてしまいます。

自閉症に向いた職業とは?

「自閉症や発達障害ではないか?」と言われる人の中には大変な業績を挙げたケースもあります。特に芸術の分野では非凡な才能を発揮した人が多くいます。

自閉症や発達障害があると言われる著名人

自閉症スペクトラム障害のあると言われる著名人は沢山います。芸術の分野が多いですが、科学者や実業家にも天才的な人たちがいます。

1.山下清

最高傑作と言われる「長岡の花火」の作者山下清は自閉性スペクトラム障害、中でも従来の呼び方ではアスペルガー症候群ではなかったかと言われています。

ちぎり紙細工という一般の人には気の遠くなる作業を通して精緻で美しい作品を生み出しています。

2.濱口瑛士

著名人ではありますが少し身近な方を紹介します。

濱口瑛士さんは2002年に東京都世田谷区で生まれました。子どもの頃にアスペルガー症候群と診断され、「読み書き」に困難さがある学習障害の1つディスレクシアもあったせいか、。不登校も経験したそうです。

東京大学の「異才発掘プロジェクトROCKET」に1期生として参加して画家としての才能を認められました。

現在の職業は画家です。これまでにはファッションモデルなどもしてきました。

3.その他の著名人

ミュージシャンの米津玄師さんは発達障害をカミングアウトしています。以前組んでいたバンド仲間との意思の疎通がうまくいかなかった経験を持っています。また、独自のこだわりが強くて周囲の理解が得られないこともあったそうです。

イーロン・マスク氏もアスペルガー症候群であることを公表しています。リストラの在り方など経営方針に過度な正しさや合理性を感じる人たちもいるようです。もちろんそれを超える偉大な業績を残し続けています。

自閉症と共に生きる人が上手に働くためには?

自閉症であるから必ずしも働くことが難しいとは言えません。前述したとおり、芸術の分野等で素晴らしい仕事をしている人も多くいます。

一方で自閉症と共に生きる人が働くためには、周囲の理解とサポートがとても大切なこととなります。

自閉症と共に生きる人が働くために必要な環境とは?

1.サポートしてくれる人の存在

求職の段階からまずは自分の特性を正確に把握することが大切です。そしてその特性を理解してサポートしてくれる人をみつけることが大切です。

場合によっては、障害者手帳や障害年金などを取得、あるいは受給することが望ましい場合もあるでしょう。そういった手続きをサポートしてくれる人を得ることが大事です。

求職活動において、「障害を伏せての求職(クローズ)とするのか?」「障害を職場に明らかにして(オープン)の求職なのか?」や「一般雇用枠か?」「障害者雇用枠か?」など細かい内容を自分に合った形でアレンジしていくことが重要です。そういった際は、信頼できるサポートをしてくれる人と一緒に検討することがうまくいく鍵となります。

2.自閉症と共に生きる人が上手に働くコツ

自閉症があるからと言って、仕事で輝かしい業績を残すことはできます。しかし、そのためには、その特性に配慮した環境、専門知識を有したサポートしてくれる人が必要です。

自閉症の人が上手に働くための準備場所としてお勧めなのが就労移行支援事業所です。特に自閉症の人は対人関係に困難さを覚えます。就労移行支援事業所は対人関係スキルを習得するためのSST(ソーシャル・スキルズ・トレーニング)が受けられます。そういった点などが自閉症の人にとってとても良い環境と言えます。

3.おすすめの就労移行支援事業所

今回おすすめしたいのがIT特化型就労移行支援事業所COCOCARAです。こちらの事業所では自閉症を含む様々な障害に対して専門知識を持ったスタッフが就職し定着するまで親身に寄り添ってサポートしてくれます。

IT特化型ですので就労する武器として、今の時代必須と言えるITスキルをマスターすることができます。このスキルを身につければ、例えば自分の作品をサイトで販売することもできますし、ITでの起業も夢ではありません。ITスキルを使いこなせれば、仕事をリモートでできますので、多少対人コミュニケーションに困難さがあっても心配いりません。

もちろん、一般の企業に就職するときでもoffice系のソフトやadobe系のソフトの基本操作ができることはとても強みとなります。

まとめ

自閉症と共に生きる人が自分だけで働く場を探すとなると確かに難しさはあります。特に対人コミュニケーションの困難さが課題となります。

けれど、自閉症の人であっても特性に配慮した環境や寄り添ってサポートしてくれる人がいれば、輝かしい業績を残している人も大勢います。

自閉症と共に生きる人がより良く働けるようになるための準備場所として就労移行支援事業所COCOCARAをおすすめします。

——————————————————————————————-
見学・体験へのお申込み・相談は ☆
こちらのフォーム または🐨

・電話 (電話受付時間 平日9時30分~18時)
 池袋オフィス 03-5980-8834
 板橋オフィス 03-5944-1126
 所沢オフィス 04-2941-4884
・メール:info@cccara.com
・ホームページ:https://cccara.com/lp/
からもお気軽にご相談くださいませ🐨

メールでのご相談は、下記項目から可能な範囲で共有いただけますと幸いです。
(1)お名前
(2)性別
(3)お住まい(住所)
(4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可)
(5)診断名(任意)
(6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると幸いです)
(7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

障害者雇用を目指す方の為のおすすめ転職エージェント一覧!

板橋区・北区で動画編集やWebデザインなどのITに特化した就労移行支援

障害者の方が利用しやすいおすすめ求人サイト6選を比較

関連記事

  1. 障害者雇用で水耕栽培のメリット・デメリットは?優良企業での働き方を解説|IT特化型就労移行支援事業所COCOCARA

  2. 双極性障害者に対する企業の印象とは?良い印象を与えるコツについても解説|IT特化型就労移行支援事業所COCOCARA 

  3. 障害者でも働きやすい職場の探し方!仕事探しのコツ

PAGE TOP