誰もが、今ココカラ挑戦できる場所

LINE問合せ
WEB問合せ
電話問合せ
アクセス
利用者専用
動画サイト
お役立ちコラム

給与が高い障害者雇用の探し方とは?上手に探すためのコツを解説|IT特化型就労移行支援事業所COCOCARA

障害者雇用には個々の障害特性に手厚く配慮して貰えるという大きなメリットがあります。一方で残念ですが現実的には給与が高い障害者雇用は少ないです。給与が高い障害者雇用の探し方について解説します。また、資格を取得するなどの上手に探すためのコツについても解説します。|IT特化型就労移行支援事業所COCOCARA

給与が高い障害者雇用の探し方とは?上手に探すためのコツを解説

障害者雇用には個々の障害特性に手厚く配慮して貰えるという大きなメリットがあります。

一方で残念ですが現実的には給与が高い障害者雇用は少ないです。

給与が高い障害者雇用の探し方(準備の仕方)について説明します。また、高い給与が貰える障害者雇用を探すコツについても解説します。

障害者雇用の給与が低い理由とは?

障害者雇用は、

・雇用形態

・就労時間

・最低賃金法の例外措置の適用

などが理由で平均すると給与水準は低い傾向にあります。

詳細については、過去のコラム記事、

障害者雇用で年収が高い業界ランキング|収入をアップする方法は?

を是非参考にしてください。

今回は簡単におさらいしていきます。

1.雇用形態

障害者雇用で年収が低くなっている原因の1つはその雇用形態にあります。障害者雇用は契約社員や派遣社員などの非正規雇用の割合が高くなっています。

障害種別では1番高い割合の身体障害でも正規雇用は5割程度に留まっています。その他の障害種では全体の20~25%しか正規雇用者がいません。

正規雇用でなければ昇進なども望めないため給与水準が低いことの原因の1つとなっています。

2.就労時間

障害者は体調を長時間保つことが困難です。そういった意味では短時間労働が認められることは悪いことだけではありません。

昨今、短時間労働でも障害者雇用実績にカウントできるようになってきています。

そのため障害者に対する企業の求人は増える傾向にあります。

一方で当然ながら短い労働時間では高い給与を貰えないということにもなります。

3.最低賃金の減額特例措置

一般の方と労働力を単純に比較するとどうしても障害者の方が劣る場合が多くなります。

労働力が低いことが多い障害者ですが、働く生きがいを得たい気持ちに健常者と違いはありません。

・著しく低い労働力の場合。

・現状では労働力を有しておらず職業訓練に多くの時間やお金を費やす必要がある場合。

これらの場合でも企業が障害者を雇用しやすいように最低賃金を下回る給与を障害者雇用では支給することができるようになっています。

給与が高い障害者雇用の探し方

給与が高い仕事につくためには、大手企業の正社員になる。その中でも給与水準の高い業種に就くということになります。

そのような企業に就職するためには、求職活動をする前の段階がとても重要だということが分ります。

それではどのような準備をすれば給与が高い障害者雇用を得られるのでしょう?

1.高い学歴を得る

「実力があれば学歴は要らない。」という人もいます。確かにそのようなケースも多くあると思います。けれど、「学歴があったせいで困る。」という例は余りないと思います。

他人より突出した才能や実力がある場合を除いてできるだけ高い学歴を身に付けておきましょう。

高卒の生涯年収と大卒・大学院卒の生涯年収を比較すると5000万円以上違うと言われています。

2.難関な資格を取得する

医師、歯科医師、弁護士、司法書士、税理士、薬剤師等の難関と言われる資格を取得する。これらの資格を持っていれば障害者雇用であっても一定以上の収入が保証されます。

例えば医師であれば病院勤務医の平均年収は約1500万円です。(厚生労働省発表令和3年実施第23回医療経済実態調査による)

難関資格は高学歴ともかなり深い関係があります。医師になるためには当然のことながら高い偏差値の医学部に入学することが必要です。

一般の人以上に障害と共に生きていくなら、高い学歴、難関な資格の取得をまずは目標にチャレンジしていきましょう。難易度はさておき、給与が高い障害者雇用を探すことが確実にできる方法だからです。

高学歴、難関資格取得以外の障害者雇用で高い給与を得るコツとは?

「高学歴を身に付ける。難関資格を取得する。」という方法は高い給与を得るに効果抜群ですが達成することが実際には困難なことも多いでしょう。

ここからは比較的難易度の低い方法で障害者雇用であってもある程度高い給与を得られるコツについて解説します。

1.就労移行支援事業所を利用する

給与の高い障害者雇用先の情報が集まっている場所が実はあります。

就労移行支援事業所をご存じですか?

就労移行支援事業所は障害者手帳を持っている利用者の方を望んでいる就職先に導くための福祉事業所です。

そこでは履歴書の書き方からビジネスマナーまで教えて貰えます。また、就職したときに少しでも高い給与を得るための資格等も取得できます。

何より沢山の障害者の方を就職に導いて来た経験から実際に給与や待遇が良い障害者雇用先の情報が蓄積されています。

そして、この至れり尽くせりの福祉サービスを9割以上の人が無料で利用できている事業所もあります。

2.おすすめの就労移行支援事業所はどこ?

沢山の就労移行支援事業所がありますがおすすめするのがIT特化型就労移行支援事業所COCOCARAです。

今回はおすすめする理由を3つに絞って解説します。

  1. COCOCARA利用者の実に9割が費用無料だから。

就労移行支援事業所では2年かけて望んでいる就職が得られるためのスキルを身に付けさせてもらえます。例えば専修学校等の学費で考えてみれば就職に向けての2年の課程が無料であることの驚くべきメリットに気づくのではないでしょうか?

  1. COCOCARAには給与や待遇の良い障害者雇用先の情報が蓄積されているから。

   就職といっても障害者雇用というのは専門的な分野です。ハローワークや就職サイト、就職エージェントにも対応窓口はあります。けれど、障害特性を熟知した福祉専門職が2年の長きに渡って寄り添ってくれるわけではありません。そして、COCOCARAには優良障害者雇用先の情報が蓄積されています。

  1. COCOCARAでは高い給与を望めるIT資格を取得できるから。

障害者雇用で高い給与を得るためにはやはり資格がものを言います。COCOCARAでは事務職を目指す方はoffice系の資格、クリエイターを目指す方はadobe系の資格を取得できるカリキュラムがあります。例えば、htmlやcss、Java Scriptなどを学びwebデザイナーになるスキルを身に付ければ、在宅就労で400万円以上の年収を目指すことも夢ではありません。

まとめ

障害者雇用で高い給与の仕事を探すためにはまずは困難な道ですが高学歴、難関資格を取得するという方法があります。こちらは険しい道のりですが障害者雇用の一番のメリット、障害特性への配慮を得られるとともに高い給与も両立できる素晴らしい結果が期待できます。

けれど上記の方法は一般的には到達することが難しいことが多いことも現実です。

上記以外のコツとしておすすめするのが就労移行支援事業所の利用です。特におすすめはIT特化型就労移行支援事業所COCOCARAです。

COCOCARAの深い専門知識を有した親身なスタッフと高い給与の障害者雇用を是非勝ち取ってくださいね。

就労移行支援事業所を利用することにより発達障害に寄り添ってくれる信頼できるスタッフを得ることができます。そして、就職後想定される仕事上の工夫を事前に学んでおくことができます。

見学・体験へのお申込み・相談は ☆

こちらのフォーム または🐨

電話

 池袋オフィス 03-5980-8834
 板橋オフィス 03-5944-1126
 所沢オフィス 04-2941-4884
(電話受付時間 平日9時30分~18時)

メール

info@cccara.com

ホームページ:

https://cccara.com/lp/

からもお気軽にご相談くださいませ🐨

メールでのご相談は、下記項目から可能な範囲で共有いただけますと幸いです。
(1)お名前
(2)性別
(3)お住まい(住所)
(4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可)
(5)診断名(任意)
(6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると幸いです)
(7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

障害者雇用を目指す方の為のおすすめ転職エージェント一覧!

板橋区・北区で動画編集やWebデザインなどのITに特化した就労移行支援

障害者の方が利用しやすいおすすめ求人サイト6選を比較

関連記事

  1. 障害者雇用で水耕栽培のメリット・デメリットは?優良企業での働き方を解説|IT特化型就労移行支援事業所COCOCARA

  2. 双極性障害者に対する企業の印象とは?良い印象を与えるコツについても解説|IT特化型就労移行支援事業所COCOCARA 

  3. 障害者でも働きやすい職場の探し方!仕事探しのコツ

PAGE TOP