誰もが、今ココカラ挑戦できる場所

LINE問合せ
WEB問合せ
電話問合せ
アクセス
利用者専用
動画サイト
お役立ちコラム

発達障害を持つ家族がいるストレス          ~理解とサポートの重要性~

発達障害は、その特性や症状の多様性から、家族に多くの影響を与えています。発達障害を持つ家族は、日常生活や家族関係、社会生活などのさまざまな面でストレスを経験することがあります。この記事では、発達障害を持つ家族が抱えるストレスについて探求し、理解とサポートの重要性について考えていきたいと思います。

発達障害の特性・症状

発達障害とは生まれつき脳の働きが異なる部分があり、特有の世界の見え方・聞こえ方をしていたり、発達が偏っていたりすることがあります。

発達障害には大きく分けて2つあり、ASD(自閉症スペクトラム症)とADHD(注意欠如・多動症)があります。

・ASD(自閉症スペクトラム症)

①コミュニケーションや対人関係が苦手で、目を合わせることが難しかったり、曖昧な表  現の理解に難しさを感じます。

②興味の偏りやこだわりの強さがあり、自分なりのやり方を通そうとします。そのため  「融通が利かない」と誤解されることもしばしばあります。

・ADHD(注意欠如・多動症)の主な特性

ADHDでは不注意優勢状態と多動性・衝動性優勢状態に分かれることが多いですが、同等 に目立つ混合状態の方もいます。

①不注意優勢状態

ケアレスミスや忘れ物が多かったり、約束や期限を守ることが苦手です。

②多動性・衝動性優勢状態

貧乏ゆすりやペン回しをし続けることがあります。また、感情の起伏が激しく、相手の  話を遮ってしまったり、すぐ怒ってしまうことがあります。

上記に加え、発達障害に共通する特性として、睡眠障害や感覚過敏、学習障害などがあり、これらは併存していることが多いです。

参照2:発達障害の特性(代表例)- 厚生労働省   https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/shougaishakoyou/shisaku/jigyounushi/e-learning/hattatsu/characteristic.html

日常生活への影響とストレス

発達障害を持つ人々の日常生活には、様々な影響があります。これらの影響は、個々の障害の種類や症状の重さによって異なりますが、一般的に以下のような点が挙げられます。

日常生活での難しさ

・コミュニケーションの困難

他者との社会的な相互作用に困難を抱えることがあります。例えば、ASDを持つ人々は非言語的なコミュニケーションや他者の感情を理解することが難しい場合があります。また、ADHDを持つ人々は、注意力の散漫や衝動的な行動が他者との関係を難しくすることがあります。

・学習や仕事への影響

学習や仕事においてもさまざまな困難を抱えることがあります。学習障害を持つ人々は、読み書きや計算などの学習スキルに問題を抱える場合があります。また、DCDを持つ人々は、運動技能や身体の協調性が低いため、運動や日常生活での活動に支障をきたすことがあります。

・日常生活の調整の困難

日常生活のさまざまな活動やルーティーンの調整に困難を抱えることがあります。例えば、ADHDを持つ人々は、時間の管理やタスクの整理が難しい場合があります。また、ASDを持つ人々は、予期せぬ変化や刺激に敏感であり、日常生活の調整が難しいことがあります。

・ストレスや不安の増加

日常生活での困難や障害によってストレスや不安を感じることがあります。コミュニケーションや学習、仕事などの活動において、適応や対処が難しい場合があります。

日常生活を支える家族のストレス

発達障害の方の日常生活への影響は様々ですが、これらを支えている家族の負担はたくさんあります。

・情緒的な負担

発達障害を持つ家族は、日常生活での課題や困難によって精神的な負担を感じることがあります。子供の発達や行動に関する悩みや不安、将来への不透明感などが、家族の心理的な負担を増加させる要因となります。

・家庭内の関係への影響

発達障害を持つ子供や家族の状況によって、家庭内の関係に影響が及ぶことがあります。特に、子供のケアやサポートに集中することで、他の家族メンバーとの関係が疎遠になる場合があります。また、発達障害を持つ子供が兄弟姉妹である場合、彼らのニーズや要求に対処することで、他の兄弟姉妹が不満や嫉妬を感じる可能性があります。

・経済的な負担

発達障害を持つ子供や家族の治療や支援には、経済的な負担が伴うことがあります。特に、専門的な治療や支援プログラムの費用は高額であり、家計に負担をかけることがあります。また、発達障害を持つ子供の特別なニーズに対応するために、家族の労働時間や収入が減少する可能性もあります。

・社会的な孤立

発達障害を持つ子供や家族は、社会的な孤立や排除を経験することがあります。一般の人々とのコミュニケーションや交流が難しい場合、家族は他の人々との関係を築くのが難しくなる可能性があります。

これらのストレスは、家族の健康や幸福に影響を与える可能性があります。そのため、家族は自己ケアやストレス管理の方法を学び、必要な支援やリソースを活用することが重要です。また、家族間のコミュニケーションや連帯感を高めることで、ストレスを軽減し、家族全体の健康と幸福を促進することができます。

家族関係への影響とストレス

家族関係の難しさ

発達障害を持つ人々の家族関係には、さまざまな難しさや課題が存在します。これらの課題は、発達障害の種類や症状、家族の個々の状況によって異なりますが、一般的に以下のような要因が関係しています。

・感情や行動の安定性の欠如

発達障害を持つ人々は、感情や行動の制御に困難を抱えることがあります。特に、ADHDを持つ人々は衝動的な行動や怒りの感情をコントロールすることが難しい場合があります。これにより、家族間での摩擦や衝突が増えることがあります。

・異なるニーズや要求の調整

発達障害を持つ人々は、特定のニーズや要求に対するサポートや支援を必要とすることがあります。そのため、家族は異なるニーズや要求を調整することが難しくなることがあります。特に、他の兄弟姉妹が異なるニーズに対処することで不満や嫉妬を感じる場合があります。

・社会的孤立や排除

発達障害を持つ人々は、社会的な孤立や排除を経験することがあります。友人や同僚との関係を築くのが難しい場合、家族は孤独感や不安を感じることがあります。また、周囲の人々からの理解や支援が不足している場合、家族は孤立感を感じることがあります。

社会生活への影響とストレス

社会生活での難しさ

・社会的な関係の難しさ

発達障害を持つ方は、友人や同僚との関係を築くのが難しいことがあります。他者との相互作用や社会的なルールの理解に難しさを抱えることがあり、孤立感や排除感を経験することがあります。

・学校や職場での適応困難

発達障害を持つ方は、学校や職場での適応に課題を抱えることがあります。集団での学習や仕事において、注意力の散漫や集中力の欠如、運動や認知の困難が影響し、学業や仕事の成績に影響を与えることがあります。

これらの要因により、発達障害を持つ方は社会生活においてさまざまな困難を抱えることがあります。しかし、適切な支援や理解、環境の調整が行われることで、社会生活への適応を支援することが可能です。また、発達障害を持つ方が持つ特性や才能を活かす場を提供することで、彼らが自己実現を果たすことができるよう支援することも重要です。

社会生活を支える家族のストレス

・日常生活の制約

発達障害を持つ家族は、日常生活のさまざまな面で制約を受けることがあります。子供の療育や支援を受けるために時間や労力を費やす必要があり、そのために仕事や趣味、他の家族との時間が制約されることがあります。

・財政的な負担

発達障害を持つ家族は、療育や治療、特別な教育プログラムなどの費用を負担する必要があります。これにより、経済的な負担が増大し、家族は経済的な不安やストレスを感じることがあります。

これらのストレス要因は、発達障害を持つ家族にとって日常的なものであり、彼らが適切なサポートや理解を受けることが重要です。

理解とサポート

発達障害を持つ家族が抱えるストレスを理解し、サポートすることは非常に重要です。そのためには、以下のようなアプローチが有効です。

・情報の収集

発達障害に関する正しい情報を収集し、理解することが重要です。発達障害の種類や症状、影響について学び、家族が直面する可能性のある課題や困難を理解することが大切です。

・対話とコミュニケーション

家族間で発達障害についてオープンに話し合うことが重要です。家族が感じるストレスや不安を共有し、お互いの気持ちを理解することで、支援や共感が生まれます。

・感情的なサポート

家族がストレスや不安を感じたときには、感情的なサポートが必要です。理解と共感を示し、家族の感情を受け入れることで、ストレスを軽減し、絆を深めることができます。

・実用的な支援

家事や育児など、日常生活の中で家族が負担を感じている部分に対して、実用的な支援を提供することが重要です。家族が時間やエネルギーを節約できるよう、協力や助け合いの文化を築くことが大切です。

・専門家への相談と支援

発達障害の専門家や支援グループからのサポートを受けることも重要です。専門家のアドバイスや指導を受けながら、家族全体で問題解決や対処法を見つけることができます。

・自己ケアの重要性

家族がストレスに対処するためには、自己ケアを行うことも重要です。ストレスを感じたときには、休息やリラックスの時間を取ること、趣味や興味を持つことなど、自分自身の健康と幸福を優先することが必要です。

発達障害を持つ家族がいるストレスを理解し、サポートすることは家族の絆を深め、健全な家庭環境を築くために欠かせません。家族全員が協力し合い、理解と支援の文化を育むことで、ストレスを軽減し、家族全体の幸福を促進することができます。

まとめ

今回は発達障害を持つ家族がいるストレスを様々な面からお伝えしてきました。もちろん発達障害の方への理解やサポートも大切ですが、同時にその家族への理解やサポートも重要です。

私たち就労移行支援事業所COCOCARAでは、障害等の事情があって就職・再就職に悩んでいる方に対して、相談や就職準備、アドバイスなどのサポートを行なっています。「障害があるから仕事が見つからない…」などのお悩みを抱えている方は、一度相談に来てみてはいかがでしょうか。

見学・体験へのお申込み・相談は ☆

こちらのフォーム または🐨

電話

 池袋オフィス 03-5980-8834
 板橋オフィス 03-5944-1126
 所沢オフィス 04-2941-4884
(電話受付時間 平日9時30分~18時)

メール

info@cccara.com

ホームページ:

https://cccara.com/lp/

からもお気軽にご相談くださいませ🐨

メールでのご相談は、下記項目から可能な範囲で共有いただけますと幸いです。
(1)お名前
(2)性別
(3)お住まい(住所)
(4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可)
(5)診断名(任意)
(6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると幸いです)
(7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

障害者雇用を目指す方の為のおすすめ転職エージェント一覧!

板橋区・北区で動画編集やWebデザインなどのITに特化した就労移行支援

障害者の方が利用しやすいおすすめ求人サイト6選を比較

#Webデザイン #動画編集 #htmlcss #就活 #うつ病 #発達障害 #適応障害 #hsp #豊島区 #就労移行支援 #池袋 #東武東上線 #都営三田線 #COCOCARA #障害者雇用 #板橋 #所沢 #所沢市 #所沢駅 #所沢駅すぐ #所沢駅近 #西武線 #新宿線 #池袋線 #ここあら

関連記事

  1. リワークと就労移行支援の違いとは

  2. 所沢の障がい支援施設ガイド             ~地域社会とのつながりを育む~

  3. うつ病が理解できない親と理解されない子供の苦悩

PAGE TOP