誰もが、今ココカラ挑戦できる場所

LINE問合せ
WEB問合せ
電話問合せ
アクセス
利用者専用
動画サイト
お役立ちコラム

発達障害の子供が成人になって仕事するのは難しい?上手に働くコツを解説|IT特化型就労移行支援事業所COCOCARA

発達障害は先天的な脳の機能における偏りが原因です。現在の医学では根治させることはできません。けれど子供の頃に適切な療育を受け、成人して以降も継続して訓練を受け続ければ障害特性とうまく付き合える環境を構築できます。発達障害者が上手に仕事をできるコツについて解説します。

発達障害の子供が成人になって仕事するのは難しい?上手に働くコツを解説

発達障害は先天的な脳の機能における偏りが原因です。現在の医学では根治させることはできません。

けれど子供の頃に適切な療育を受け、成人して以降も継続して訓練を受ければ障害特性とうまく付き合えるようになれます。

発達障害者が上手に仕事をできるコツについても解説します。

発達障害って何?

発達障害については過去のコラムで詳しく書いていますのでこちらも是非ご覧になってください。

発達障害について就労移行支援事業所が解説

今回の記事では簡単にふれておきます。

代表的な3つの発達障害

1.ASD(自閉症スペクトラム障害)

・相手の真意を推し量れない。総じて人との関わりが苦手。

・興味、関心が偏っている。周囲に合わせることができない。

・こだわりが強く、自分なりの計画、リズムに合わない場面で不安定になる。

<h4>2.ADHD(注意欠如多動性障害)

・注意が転導する。そのため1つのことに集中できない。ケアレスミスが多い。

・複数の対象に注意を払えない。現在意識を向けている以外のことには気づけない。

・じっとしていられない。多動である。衝動的に行動する。

3.LD(学習障害)

知的な障害はないが「読む」「話す」「計算する」などの基本的な能力が低い場合があります。そのため学習において困難をきたします。

子どもの頃の発達障害

子どもの頃はだれでも社会性が育っていません。またあちこち動き回っていろんなものに興味をもちます。

そのため大人と比べて発達障害に気づきにくいものです。それでも早期に特性に気づいてあげることが大事ですので子どもの発達障害の特徴を挙げておきます。

  1. 幼稚園や保育園で他の子どもに興味を示さず1人遊びの時間が長い。
  2. 表情や場の雰囲気から人の気持ちを読み取ることが苦手。
  3. 手をヒラヒラさせる動きを繰り返したりトランポリンやブランコで遊び続けたりする。。
  4. 予定が変更されると情緒が不安定になる。
  5. 感覚が鋭敏すぎるまたは鈍感すぎる。

発達障害者の仕事上のトラブルとは?

発達障害者が成人して仕事をした場合、その特性のためにトラブルになることがあります。

どんなトラブルがあるか簡単に見ていきます。

詳しい内容については以前の記事

代表的な発達障害ASDとADHDの違いとは?仕事上での工夫を習得するコツを解説

も是非読んでくださいね。

1.ASDの場合

・人の気持ちを推し量ることが苦手です。そのため人間関係調整力が重要になるグループでの仕事には向きません。

・遠回しに言われても文字通り理解してしまいます。「無理しないでね。」というとどんなに忙しくても当然のように定時退社することもあります。

・突発的な事柄に対応できません。極端な場合パニックに陥ってしまいます。

2.ADHDの場合

・自分の興味関心以外に注意を向けられないため、他人の気持ちを尊重できません。人間関係が仕事に大きく影響する仕事の場合ではトラブルを生むことがあります。

・ケアレスミス、紛失などを良く起こします。

・衝動性があるため上司や顧客の前ですら感情を露わにしてしまうこともあります。

発達障害を改善するための施設

発達障害の症状は先天的な原因により起きます。残念ですが現在の医学では根治することはできません。

けれども子どもの時期、大人になってからそれぞれに訓練を受けることで改善させることはできます。

例えばSST(ソーシャルスキルズトレーニング)を受けることで社会性を感じられる態度を身に付けられます。

子どもの時期、成人してからそれぞれに発達障害の症状を改善するための施設があります。。

発達障害児のための施設

1.未就学児を対象とした児童発達支援センター

児童発達支援における地域の中心的な存在です。大きく福祉型と医療型があります。医療型では福祉型のサービスに加え理学療法士のトレーニングなども行われます。

・放課後デーサービスの運営

・居宅訪問型児童発達支援

・保育所等訪問支援

・障害児支援計画の作成

などを行っています。

2.未就学児を対象として児童発達支援事業所

地域に根差した支援を障害児及びその保護者に行っています。

主な内容は「日常生活動作訓練」「集団に馴染む訓練」「発達障害特性に対する知識の習得」等です。

成人の発達障害者を対象とした施設

1.A型就労継続支援事業所

成人になった発達障害者が一般企業での仕事に困難を感じる場合利用できます。

事業所と利用者は雇用契約を結びます。雇用契約を結んでいますので利用者は働くことでその地域の最低賃金を受け取ることができます。

一般企業での障害者雇用よりさらに障害特性に配慮されて働けます。基本的には福祉専門職が就労支援に当たります。

利用は無期限です。

2.B型就労支援事業所

A型と違い雇用契約は結びません。そのため作業をして貰える工賃は1時間当たり250円程度です。

A型よりさらに障害特性に配慮されています。「週に何日作業するか?」「1日に何時間作業するか?」なども自由に利用者の希望で設定することができます。

利用は無期限です。

3.就労移行支援事業所

就労移行支援事業所は様々な就労のためのスキルを学べるところです。

原則利用期間は2年間です。

就職に向けてのあらゆる支援を受けられます。

・社会性を身に付けるためのSSTのトレーニングを受けられます。

・履歴書の書き方を指導して貰えます。

・模擬面接などもして貰えます。

・働く上での様々なスキルや知識を学べます。

沢山の就労移行支援事業所がありますが今回はIT特化型就労移行支援事業所COCOCARAをお勧めします。

就労移行支援事業所では就職に向けて2年間沢山のことを学び身に付けることができます。沢山の実践的スキルを身に付けられるのがCOCOCARAです。けれどナントその利用料は約9割の人が無料なんです。

発達障害の人たちは対人関係が苦手なことが多いので自宅でリモート勤務を希望する場合もあります。

そういったときに備えてCOCOCARAではリモートワークに必要なITのスキルを学べます。学べる講座は充実しており人気のウェブデザインや動画編集なども即戦力が身に付くまで教えてくれます。専門学校で習った場合かなり高額な授業料が必要となります。

また、COCOCARAでは長い経験を持つ福祉専門職スタッフが1人1人に寄り添ってくれます。沢山の発達障害の方を仕事に結びつけてきた経験と実績がCOCOCARAにはあります。

まとめ

発達障害は先天的な脳の機能の偏りが原因です。残念ながら現在の医学では根治させることはできません。

けれど子どもの頃からその特性に対して適切な療育を行えば社会で活躍することは十分にできます。

また「社会性がない」、「不注意である」などといった性質は子どもなら多かれ少なかれあります。そのため成人して仕事するまで自分の発達障害に気づかないこともあります。

成人してから発達障害の特性を改善するためのおすすめの施設は就労移行支援事業所です。その中でも沢山の発達障害者を望ましい就職に導いて来た実績のあるIT特化型就労移行支援事業所COCOCARAをお勧めします。

IT特化型就労移行支援事業所COCOCARAを利用することでこれらの申請に多くの経験と深い知識を有する福祉専門職スタッフが親身に手伝ってくれます。

見学・体験へのお申込み・相談は ☆

こちらのフォーム または🐨

電話

 池袋オフィス 03-5980-8834
 板橋オフィス 03-5944-1126
 所沢オフィス 04-2941-4884
(電話受付時間 平日9時30分~18時)

メール

info@cccara.com

ホームページ:

https://cccara.com/lp/

からもお気軽にご相談くださいませ🐨

メールでのご相談は、下記項目から可能な範囲で共有いただけますと幸いです。
(1)お名前
(2)性別
(3)お住まい(住所)
(4)連絡可能な電話番号(携帯・スマートフォン可)
(5)診断名(任意)
(6)希望見学or体験日(複数提示して頂けると幸いです)
(7)メールアドレス(スマホ・携帯・PC・フリーアドレスいずれか)

障害者雇用を目指す方の為のおすすめ転職エージェント一覧!

板橋区・北区で動画編集やWebデザインなどのITに特化した就労移行支援

障害者の方が利用しやすいおすすめ求人サイト6選を比較

関連記事

  1. リワークと就労移行支援の違いとは

  2. 所沢の障がい支援施設ガイド             ~地域社会とのつながりを育む~

  3. うつ病が理解できない親と理解されない子供の苦悩

PAGE TOP